‘デュオ・アマル’ タグのついている投稿

アンコール情報:デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート

2014 年 11 月 12 日 水曜日

 2014年11月12日(水)に浜離宮朝日ホールで開催されました『デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート』はおかげさまで多くのお客様にお越しいただき、大盛況のうちに終了いたしました。

 ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

 当日のアンコール曲は以下の通りです。

アンコール
Avner Dorman:Karsilama
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ 第一場「謝肉祭の市場」より

当日券情報:デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート

2014 年 11 月 11 日 火曜日

11月12日(水)浜離宮朝日ホールで開催の『デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート』は当日18:00よりホール入り口の当日券窓口にて当日券の発売を行います。

『デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート』
■公演日:2014年11月12日(水)
■会 場:浜離宮朝日ホール
■開 場:18:30
■開 演:19:00
■料 金:全席指定 ¥5,000(税込)

■曲目等コンサートの詳しい情報はこちらをご参照ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております♪

朝日新聞夕刊でデュオ・アマルが紹介されました

2014 年 10 月 2 日 木曜日

9月29日(月)の朝日新聞夕刊で「人を結ぶ音楽の力知って~パレスチナ・イスラエルのピアノ・デュオ」というタイトルで、デュオ・アマルが紹介されました。

11月彼らデュオは東京、名古屋でコンサートを開催いたします。彼らの”人を結ぶ音楽の力”を是非生で体験してください。

『デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート』

●2014年11月7日(金) ザ・コンサートホール 名古屋・伏見・電気文化会館
お問合せ:クラシック名古屋 052-678-5310
http://www.camerata.co.jp/concerts_events/detail.php?id=167

●2014年11月11日(火) 津田ホール
お問合せ:日本モーツァルト協会 03-5467-0262
http://www.camerata.co.jp/concerts_events/detail.php?id=156

●2014年11月12日(水) 浜離宮朝日ホール
お問合せ:カメラータ・トウキョウ 03-5790-5560
http://www.camerata.co.jp/concerts_events/detail.php?id=163

●2014年11月13日(木) 武蔵野市民文化会館 小ホール
お問合せ:武蔵野市民文化会館 0422-54-2011
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2014/08/post-352.html

皆さまのご来場を心よりお待ちしております♪

チケット情報:デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート 

2014 年 7 月 25 日 金曜日

 昨年の初来日での公演がNHKで放送され、大変な話題を呼んだ“デュオ・アマル”が11月に公演を行います。
 イスラエルとパレスチナの新星二人が組んだ奇跡のデュオ。“アマル”はアラビア語で“希望”を意味します。そんな彼らによる平和への祈りを込めたメッセージをお聴き下さい。

『デュオ・アマル ピアノ・デュオ・コンサート』
■公演日:2014年11月12日(水)
■会 場:浜離宮朝日ホール
■開 場:18:30
■開 演:19:00
■料 金:全席指定 ¥5,000(税込)

■曲目等コンサートの詳しい情報はこちらをご参照ください。

チケットは下記プレイガイドで7月30日(水)より販売開始です。

カメラータ・トウキョウ 03-5790-5560
朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く/10:00~18:00)
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:239-143]
イープラス(パソコン&ケータイ) http://eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター) 0570-084-003 [Lコード:39108]

皆さまのご来場を心よりお待ちしております♪

オンエア情報:デュオ・アマル 演奏会

2014 年 6 月 25 日 水曜日

デュオ・アマル 演奏会●BSプレミアム クラシック倶楽部
デュオ・アマル 演奏会

[2013年4月2日/武蔵野市民文化会館 小ホールにて収録]

【放送日】
2014年7月7日(月) 6:00〜6:55
BSプレミアム「クラシック倶楽部」

【曲目】
シューベルト:幻想曲 ヘ短調 D.940
ドルマン:カルシラマ
プロコフィエフ:古典交響曲 作品25 から 第4楽章
ラフマニノフ:組曲 第1番 作品5

【演奏者】
デュオ・アマル

※放送日や内容については、予告なく変更になることがございます。あしからずご了承ください。

デュオ・アマルが朝日新聞で紹介されました

2014 年 4 月 30 日 水曜日

昨年12月に、カメラータ・トウキョウよりCDデビューを果たし、今年秋に来日を予定するピアノ・デュオ「デュオ・アマル」が、4月28日(月)の朝日新聞夕刊にて紹介されました。 記事は、「パレスチナとイスラエルのデュオ 対立超え『希望』奏でる」と題され、デュオが結成にいたった理由や、CDのこと、彼らの思いが紹介されています。

記事を抜粋、ご紹介します。
社交的で前向き思考のヤロンと、ちょっぴり内気で繊細なビシャラ。一緒に鍵盤に向かうと、パズルがぴったりとはまるように、2人の個性の違いが響きを豊かにしてゆくことに気づいた。「対立的な生い立ちの僕らが理解しあってゆく過程を、世界の人に見てもらおう」と11年にデュオを結成。モットーは「互いにオープンであること」。
CDでは色彩豊かなロシア音楽の世界に戯れたが、ライブではアラブの作品など様々な国の音楽をとりあげる。
「違いを前向きに受け止めることを自分たちから始めたい。すぐに世の中が変わるとは思わないけど、1人より2人のほうが楽しいし、タブーに足を踏み入れる勇気が出ることも知ってもらいたい」

ショスタコーヴィチ、ラフマニノフ、ストラヴィンスキーを取り上げたデビューアルバムDébut/デュオ・アマル(CMCD-28297)は好評発売中です。
また、レコーディングの様子はYouTube でごらんいただけます。
ショスタコーヴィチ:2台ピアノのためのコンチェルティーノ 作品94

2014年4月新譜のご案内[HQMストア高音質配信]

2014 年 4 月 16 日 水曜日

HQMD-10037 現在、音楽ファンやオーディオ・マニアの間で最もホットな話題のひとつである“ハイレゾ”。そのハイレゾ音源を扱いやすいDRMフリーで配信し、ハイエンド・オーディオ・ファンからPCで音楽を楽しむリスナーまで、各方面から注目を集めている高音質音楽データ配信サービスの第104回配信が4月9日から開始されました。

 今回のタイトルは『Début/デュオ・アマル』です。
 “アマル”(アラビア語で“希望”の意)の名のもと、デュオを結成したイスラエル出身のヤロン・コールベルクとパレスチナ出身のビシャラ・ハロニ。“最高の演奏は政治や国家の壁を越える”という信念のもと、世界各国でリサイタルを開催。ふたりの想いがつまった音楽は、聴衆に感動をもたらします。バレンボイム、メータ、ラトルをはじめとした多くの巨匠、有名オーケストラとの共演を果たし、躍進を続ける若き名手たち。世界が認めたふたりの躍動するピアニズムを堪能させる必聴盤。

★音楽に込めた「希望(=アマル)」。世界が認めたピアノ・デュオ

『Début/デュオ・アマル』

●曲目:
D.ショスタコーヴィチ:2台ピアノのためのコンチェルティーノ 作品94
I.ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ~2台ピアノ版
S.ラフマニノフ:組曲 第1番「幻想的絵画」作品5

●演奏者:デュオ・アマル[ヤロン・コールベルク(ピアノ)/ビシャラ・ハロニ(ピアノ)]
●録音:2013年8月/東京
●フォーマット:FLACファイル形式(可逆圧縮オーディオファイル)/24bit/192kHz or 96kHz/DRMフリー
●商品番号:HQMD-10037(2014年4月9日配信開始)

■その他、配信中のタイトルは「HQMストア」でご案内しています。http://www01.hqm-store.com/store/item_new.php?album_no=

デュオ・アマルの記事がヤマハのホームページに掲載されました

2014 年 1 月 17 日 金曜日

音楽評論家の伊熊よし子氏が書かれた、デュオ・アマルの記事が、ヤマハのホームページに掲載されています。
「音楽に平和へのメッセージを託すデュオ・アマル」というタイトルで、デュオ結成のいきさつ、2人の演奏への信念、また12月25日に発売されたデビューアルバムについて等、紹介されています。

記事のURLはこちらです。どうぞ、ご覧下さい。
音楽ジャーナリスト&ライターの眼 「平和へのメッセージを託すデュオ・アマル」

「ルポフォン~新種のバス・オーボエの可能性に迫る~」と「Début/デュオ・アマル」が讀賣新聞にて紹介されました

2014 年 1 月 17 日 金曜日

2014年1月16日発刊の讀賣新聞夕刊に、12月25日発売の「ルポフォン~新種のバス・オーボエの可能性に迫る~/加納律子 他」CMCD-28296「Début/デュオ・アマル」CMCD-28297 が紹介されました。

「ルポフォン~新種のバス・オーボエの可能性に迫る~/加納律子 他」
21世紀に入ってからドイツで開発された新しい低音オーボエ、ルポフォン。きわものかと思いきや、これが実にいい音。加納律子の演奏でハイドンから現代音楽まで、軽快に駆け抜ける。

「Début/デュオ・アマル」
パレスチナとイスラエルの奏者による2人組はかなり息の合った演奏を聴かせてくれる。作曲者編のストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」は管弦楽版とはひと味異なる迫力がある。

と、高評価をいただきました。CDは好評発売中です。

話題の新星、デュオ・アマル世界待望のデビュー盤発売迫る!

2013 年 12 月 18 日 水曜日

左:ビシャラ・ハロニ、右:ヤロン・コールベルク

 イスラエル出身のヤロン・コールベルクとパレスチナ出身のビシャラ・ハロニにより結成された“デュオ・アマル”。アラビア語で“希望”を意味する“アマル”の名を掲げるふたりは、“最高の演奏は政治や国家の壁を越える”という信念のもと、世界各国でリサイタルを開催し、聴衆に感動と興奮をもたらしています。
 バレンボイム、メータ、ラトルをはじめとした多くの巨匠、有名オーケストラとの共演を果たし、躍進を続ける若き名手たち。世界が認めたふたりの躍動するピアニズムを堪能させる待望のデビュー盤は12月25日カメラータ・トウキョウよりいよいよ発売です!
 
 2013年8月に武蔵野市民文化会館にて行なわれたレコーディング風景の模様はこちら↓
 YouTubeへ