一柳慧/藤原亜美の最新盤が『Stereo』『音楽現代』誌で紹介されました

2021 年 4 月 20 日

CMCD-28377 2月に発売されたアルバム『ピアノ・ポエム〜一柳慧:ピアノ作品集/藤原亜美』(CMCD-28377)が、『Stereo』誌(2021年5月号)の「ステレオディスク コレクション」で、「今月の優秀録音盤」に選出されました。

誌面では峰尾昌男氏から、「ここに収録された演奏は一柳慧の求めている音と、それを具現化する藤原亜美の演奏をまっすぐに表出している。名録音にはまっすぐではなく作り上げられた名作もある。しかしこれは文字通り正確な録音である」と評されました。

同アルバムは『音楽現代』誌の最新刊(2021年5月号)でも【推薦】に選出され、石塚潤一氏から「高いソルフェージュ能力をもつ藤原ゆえ、《ピアノ・メディア》や《タイム・シークエンス》といった楽曲の、精度の高い演奏は出色」と評されました。

ザビエル・ラックの最新盤が『レコード芸術』準特選盤に

2021 年 4 月 20 日

CMCD-283792月に発売されたザビエル・ラックの最新作、『フルート・ソナタの旅/ザビエル・ラック』(CMCD-28379)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2021年5月号)で【準特選盤】に選出されました。

誌面では大木正純氏から、「楽器の組み合わせといい、8分程度の曲の中でピッコロやアルト・フルートなどをめまぐるしく持ち替えることといい、さらには技法的にもセリーを用いるなど、アルバムの中でもことさらに異色の存在となっている(ラウタヴァーラ)」と評され、中村孝義氏からは、「しかしこのアルバムの最高の聴きものは、やはり最後に収められたプロコフィエフのソナタ。闊達な技巧を遺憾なく駆使するとともに、これまでの曲では少し抑え気味であった華やかな音色も一気に開放して、実に流麗な流れの中に、この作曲家の怜悧な感触を持った音楽の質を実に見事に引き出している」と評されました。

同アルバムは『音楽現代』誌の最新刊(2021年5月号)でも【推薦】に選出され、茂木一衞氏から「ヴァラエティに富むプログラム。支える東条慧(ヴィオラ)、福井麻衣(ハープ)、猪居亜美(ギター)、岡本知也(ピアノ)の共演も、それぞれにフルートとよく息が合っていて、多様性を越えた見事なパフォーマンスである」と評されました。

田崎悦子のインタヴュー記事が読売新聞に掲載されました

2021 年 4 月 1 日

田崎悦子ピアニストの田崎悦子が本日(4月1日付)の読売新聞夕刊のインタヴュー記事に登場、今年から始まる全3回シリーズのリサイタル、「Joy of Music」への思いを語りました。

過去に大病を克服、復帰リサイタルを終え「これで終わりでいい」と思ったこともあったという田崎ですが、その後も演奏会を終えるたびに「また新しいテーマがわいてくる」と語ります。その田崎が今回挑むのは、バッハ(第1回:6月6日)、ブラームス(第2回:11月14日)、シューベルト(第3回:2022年6月)の三人の作曲家。

「バッハの音楽はダイヤモンドのようにどこから見てもたくさんの面がある。あまりにも作品が完璧で、いくら練習しても果てがない。だからこそ、その先にある“ジョイ(喜び)”を届けたい」と語る田崎。シリーズ第1回目「Joy of Bach」のチケットは好評発売中です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

田崎悦子 ピアノリサイタル – Joy of Music [第1回]Joy of Bach
■公演日:6月6日(日) 14:00開演(13:15開場)
■会場:東京文化会館 小ホール
■全席自由:一般¥5,000/学生¥3,000(税込)
■チケット取り扱い:
カメラータ・トウキョウ 03-5790-5560
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
イープラス eplus.jp

【訃報】ピアニスト 遠山慶子さん

2021 年 3 月 30 日

遠山慶子2021年3月29日、ピアニストの遠山慶子さんが永眠されました。享年87歳でした。

遠山慶子さんは東京に生まれ、幼少の頃より井上定吉に師事しました。1952年、来日したアルフレッド・コルトーに認められ同氏の招きにより渡仏。コルトーのもとで研鑽を積みながら、パリ・エコール・ノルマル高等音楽院を修了しました。

1963年、パリでのデビューを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、そして日本でリサイタル、室内楽、オーケストラとの協演などで活躍。1978年のリサイタルでは日本ショパン協会賞を授与されました。カルロ・ゼッキ、シャンドール・ヴェーグをはじめとする名指揮者との共演、ロン・ティボー、ゲザ・アンダなど国際コンクールの審査員、また毎夏に開催される草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルでは第1回(1980年)から講師、演奏家として参加。ウィーン弦楽四重奏団とは、リサイタルおよびレコーディングなどで30年以上にわたり共演を続けました。

レコーディングの分野でもカメラータから多くのCDを発売。元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター、ウェルナー・ヒンクとのデュオで1991〜2007年にわたりレコーディングされた『モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ選集』シリーズ(全5枚)、同じくヒンクとのモーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会(全2回)は各方面から高く評価され、2009年度の第51回毎日芸術賞を受賞しました。

弊社スタッフ一同、ここに慎んで哀悼の意を表し、安らかな眠りにつかれますよう、お祈り申し上げます。

遠山慶子 ディスコグラフィー

飯野明日香「Parfum du futur」チケット販売開始のお知らせ

2021 年 3 月 22 日

飯野明日香チラシピアニスト、飯野明日香のコンサート「Parfum du futur Vol.21 新たな出会い」の開催が2021年5月22日(土)に決定し、本日3月22日からチケットの販売が開始されました。

本コンサートは、2020年5月に発売され、『レコード芸術』誌(同年7月号)でも【特選盤】に選出されたCD『和の歌─日本の歌によるピアノ作品集/飯野明日香』(CMCD-28373)の発売記念として開催が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となり、開催が待たれていたコンサートです。

公演の詳細、チケットのご予約、その他お問い合わせは以下のとおりです。ぜひ弊社発売のCDと併せてお楽しみください。

《飯野明日香/Parfum du futur Vol.21 新たな出会い》
■公演日:5月22日(土) 14:00開演(13:30開場)
■会場:サントリーホール ブルーローズ
■全席自由:一般¥4,000/学生¥3,000(税込)
■チケット取り扱い:サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017/チケットぴあ 0570-02-9999

★マネジメント/お問い合わせ: オーパス・ワン TEL:03-5577-2072 info@opus-one.jp

一柳慧/藤原亜美の最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2021 年 3 月 20 日

CMCD-28377 2月に発売されたアルバム『ピアノ・ポエム〜一柳慧:ピアノ作品集/藤原亜美』(CMCD-28377)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2021年4月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「初期作品の衝撃的な時代を踏まえて、次の段階に移ったあとのこの作曲家(一柳慧)の足跡が主要なピアノ作品を通じて俯瞰できる」と評され、白石美雪氏からは、「きめ細かく弾き分けられる弱音の美しさは格別だ(ピアノ・メディア/タイム・シークエンス)」「作曲家が自作を彼女(藤原亜美)に託した思いがよくわかった(限りなき湧水/ピアノ・ポエム)」と評されました。

同アルバムは「優秀録音」コーナーでも取り上げられ、峰尾昌男氏から「ここに収録された演奏は一柳慧の音楽の求めている音と演奏をまっすぐに表出している。文字通り正確な録音である」と評されました。

同アルバムは『モーストリー・クラシック』誌(2021年5月号)でも取りあげられ、「ミニマリズムを機械と人間の関係性として受容し、その後テクノロジーからエコロジーへの転換、さらに9.11、3.11以降のメッセージ的創作への階梯の途中まで(中略)、一柳の創作史をもっとも身近な楽器ピアノが解き明かす」(長木誠司氏)と評されました。

また、同アルバムは3月18日発刊の朝日新聞夕刊、「for your Collection」コーナーでも推薦盤として紹介され、片山杜秀氏から「瞬間的な音色の濃淡よりも、変幻自在な線と緩急無限な速度の音楽だ。そんな一柳の形と動きを藤原が鷲掴みにする」と評されました。

21世紀音楽の会作品集が『レコード芸術』準特選盤に

2021 年 3 月 20 日

CDT-11142月に発売された21世紀音楽の会のアルバム、『21世紀音楽の会作品集 II[室内楽作品集]』(CDT-1114)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2021年4月号)で【準特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「音響的な奇抜さが光る(南聡)」「つかめそうでつかめない不思議な触感を常に持つ(鈴木純明)」「音楽の暴力性は強いものの、むしろ怒りの質は直截的なもの(小櫻秀樹)」「3楽器の線的な絡まりを微分音も交えながら一定の展開速度のなかで執拗に追求する(遠藤雅夫)」「音の数を5つに限定したところで可能になる多様性と最終的なそこからの解放(岡島礼)」と評され、白石美雪氏からは、「年齢も作風もまちまちだが、いずれも手ごたえのある、面白い作品ばかりだ」と評されました。

ザビエル・ラックの最新盤が『Stereo』誌で紹介されました

2021 年 3 月 20 日

CMCD-28379故ヴォルフガング・シュルツに師事、数々の世界的オーケストラで首席奏者として活躍、神戸女学院大学音楽学部で後進の指導にもあたるフルートの名手ザビエル・ラックの最新作、『フルート・ソナタの旅/ザビエル・ラック』(CMCD-28379)が、『Stereo』誌(2021年4月号)の「今月の特選盤」コーナーで紹介されました。

誌面では石田善之氏から、「(収録された作品群は)実に多彩だが、フルートの深い音色とともに清々しく美しい音場感が聴きどころ」と、高く評価されました。

佐藤祐介ピアノリサイタル 当日券販売につきまして

2021 年 3 月 12 日

佐藤祐介本日3月12日(金)、東京オペラシティ リサイタルホールにて開催される「佐藤祐介 デビュー15周年記念企画 ピアノリサイタル」の当日券は、17時45分より会場で販売いたします。座席は全自由席で4,500円(税込)、17:45開場/18:30開演です。

会場へのアクセスは、新宿駅から京王新線で2分の「初台」駅下車、東口直結で徒歩1分の東京オペラシティ内B1階です。その他の公共交通機関でご来場される方は、以下のアクセス情報をご参照下さい。

東京オペラシティ アクセス情報
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ内B1F
TEL:03-5353-0788

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2021年2月28日新譜のご案内[クラシック/CD]

2021 年 2 月 28 日

カメラータの3月新譜(2月28日発売)は3タイトルです。


CMCD-283771タイトル目は『ピアノ・ポエム〜一柳慧:ピアノ作品集/藤原亜美』(CMCD-28377)です。

作曲家・一柳慧自身の選曲により、「ピアノ・メディア」(1972)から「ピアノ・ポエム」(2003)に至る30余年に作曲されたピアノ作品を収録。

ピアニストの技術的限界に迫る難曲から、詩の朗読のような表現の問題に焦点をあてた作品まで、さまざまなタイプの楽曲が、藤原亜美により深い理解と共感をもって演奏されています。

作曲家の絶大な信頼を得た名ピアニストによる、現代の銘品をお聴きください。


CDT-11142タイトル目は『21世紀音楽の会作品集 II[室内楽作品集]』(CDT-1114)です。

『形や風評にとらわれることなく自由の原点から真に心に残る音楽を』をモットーに、2000年、野田暉行代表(現在は名誉顧問)と17名の作曲家により結成された「21世紀音楽の会」。創設20年を機に、会員の作品演奏を収録したCDの制作がスタートしました。2019年にリリースされた第1弾に次ぐ、今回の『作品集 II』には、現在24名を数える会員作曲家の中から、ベテランから中堅までの5人の作品を収録。2013年から2019年までの演奏でお聴きください。


CMCD-283793タイトル目は『フルート・ソナタの旅/ザビエル・ラック』(CMCD-28379)です。

数々の世界的オーケストラの首席奏者として活躍、神戸女学院大学音楽学部で後進の指導にもあたるフルートの名手ザビエル・ラックのCDアルバム第3弾。

C.P.E.バッハの無伴奏からラウタヴァーラのギターとの二重奏まで、ラック自らが選んだ「フルート・ソナタ」5作品を、才能あふれる共演者たちと収録。心を動かす新たな名演が誕生しました。

ブックレットには、ラックの執筆による充実した作品解説も掲載しています。