‘コンサート’ カテゴリーのアーカイブ

「高橋アキの世界」公演延期のお知らせ

2020 年 3 月 30 日 月曜日

高橋アキ2020年4月18日(土)14:00から三重県文化会館大ホールで開催予定の「高橋アキの世界」は、このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、下記のとおり公演を延期することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
ご来場を予定していた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

振替公演の日程は、次のとおりです。

■公演日:2021年2月14日(日) 14:00開演(13:30開場)
■会場:三重県文化会館大ホール

すでにお買い求めいただいております4月18日の公演チケットは、そのまま振替公演のチケットとしてお使いいただけます。

また、振替公演へのご来場が難しい方には払い戻しにて対応いたします。払い戻しの際はチケットが必ず必要となりますので、ご紛失にご注意ください。
払い戻し方法および期間に関しましては、チケットの購入方法により異なります。詳細は以下のリンクまたは電話にてご確認およびお問い合わせ下さい。

公演延期およびチケット払い戻しについて
●三重県文化会館事業課 059-233-1112/059-233-1110
●三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122

佐藤祐介ピアノリサイタル 公演延期のお知らせ

2020 年 3 月 4 日 水曜日

佐藤祐介2020年3月13日(金)18:30から東京オペラシティリサイタルホールで開催予定の「佐藤祐介デビュー15周年記念ピアノリサイタル」は、このたび新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を考慮し、公演を延期することを下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

公演を楽しみにしていただいていた方々には申し訳ございませんが、状況をご理解の上ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

また、すでにお買い求めいただいております3月13日の公演チケットは、そのまま6月11日の公演チケットとしてお使いいただけます。払い戻しご希望の方は、ご購入された各プレイガイドへご連絡くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

振り替え公演の日程は、次のとおりです。

■公演日:2020年6月11日(木) 18:30開演(18:00開場)
  ※三部構成のため開演時間が早くなっております。ご注意下さい。
■会場:東京オペラシティ リサイタルホール
■全席自由:4,000円(当日:4,500円)

プログラムの詳細、およびチケットのご予約に関する情報はこちらのページをご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

佐藤祐介ピアノリサイタル 公演日決定のお知らせ

2020 年 2 月 4 日 火曜日

佐藤祐介このたびは、2019年12月13日(金)に東京オペラシティ リサイタルホールにて開催を予定しておりました、「佐藤祐介 デビュー15周年記念ピアノリサイタル」公演の延期により、本公演を楽しみにして下さっていたお客様に多大なるご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

延期となりました公演日が下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。

チケットはカメラータ・トウキョウで好評発売中です。イープラスでのチケット取り扱いは2月10日(月)10:00から開始いたします。

■公演日:2020年3月13日(金) 18:30開演(18:00開場)
  ※三部構成のため開演時間が早くなっております。ご注意下さい。
■会場:東京オペラシティ リサイタルホール
■全席自由:4,000円(当日:4,500円)

プログラムの詳細、およびチケットのご予約に関する情報はこちらのページをご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

佐藤祐介ピアノリサイタル 公演延期のお知らせ

2019 年 12 月 11 日 水曜日

佐藤祐介2019年12月13日(金)、東京オペラシティ リサイタルホールにて開催を予定しておりました「佐藤祐介ピアノリサイタル」は、諸般の事情により開催を次のとおり延期することとなりました。

【新規開催日程】
●日時:2020年3月13日(金)
●会場:東京オペラシティ リサイタルホール

開演時刻などの詳細は、決定次第弊社ホームページ、Facebook、その他の媒体でお知らせいたします。
12月中の開催を楽しみにしていらっしゃったお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
佐藤祐介本人も3月13日の公演に向けて精進してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

朝日新聞に岡田博美のインタヴュー記事が掲載されました

2019 年 10 月 31 日 木曜日

岡田博美10月31日付の朝日新聞(夕刊)に、ピアニスト岡田博美インタヴュー記事が掲載されました。記事中では、岡田の演奏について「豊かな色彩のグラデーションを見せる、絵筆のような繊細なタッチ」などと紹介されています。本人の、11月9日に東京文化会館小ホールで行われるリサイタルに向けての言葉や、今後の活動への意気込みなども記されていますので是非ご一読ください。

「ウィーン弦楽四重奏団」来日延期のお知らせ

2019 年 8 月 22 日 木曜日

今年秋に開催を予定しておりましたウィーン弦楽四重奏団の公演は、リーダーのウェルナー・ヒンクの腱鞘炎悪化に伴い、今秋のリサイタルでの演奏は困難と判断されたため、来日が延期されることとなりました。

公演を楽しみにお待ちいただいておりましたお客様には大変申し訳ございませんが、何卒状況をご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、今後の招聘予定につきましては、現在のところ未定です。予定及び公演日程が決まりましたら、Facebookおよび弊社サイト等にてご案内させていただきます。

この度は、お客様には多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。


株式会社 カメラータ・トウキョウ

代表取締役 井阪 紘

オンエア情報:高橋アキ クラシック倶楽部[再]

2019 年 2 月 19 日 火曜日

高橋アキ●BSプレミアム クラシック倶楽部 北九州市公開収録~高橋アキ&つるの剛士 演奏会~[再放送]
[2018年6月29日(金)/北九州市立響ホールにて公開収録]

【放送日】
2019年2月27日(水) 午前5:00〜5:55
BSプレミアム「クラシック倶楽部」

【曲目】
サティ:ジムノペディ 第1番/グノシエンヌ 第5番
レノン&マッカートニー:『ハイパー・ビートルズ』シリーズから
  ゴールデン・スランバー[編曲:武満徹]/レット・イット・ビー(アジア旅行)[編曲:三輪眞弘]
プーランク:ぞうのババール(作詞:ブリュノフ/朗読:つるの剛士)

【出演】
高橋アキ(ピアノ)
つるの剛士(語り)

※放送日や内容については、予告なく変更になることがございます。あしからずご了承ください。

オンエア情報:パノパ弦楽四重奏団&岡田博美 演奏会[再]

2019 年 1 月 28 日 月曜日

パノパ弦楽四重奏団&岡田博美"●BSプレミアム クラシック倶楽部 パノパ弦楽四重奏団&岡田博美 演奏会[再放送]
2015年12月2日(水)/浜離宮朝日ホールにて収録

【放送日】
2019年2月4日(月) 午前5:00〜5:55
BSプレミアム「クラシック倶楽部」

【曲目】
モーツァルト:弦楽四重奏曲 ト長調 K.80
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44

【演奏者】
モザイク・カルテット
  イルジー・パノハ(第1ヴァイオリン)
  パヴェル・ゼイファルト(第2ヴァイオリン)
  ミロスラフ・セフノウトカ(ヴィオラ)
  ヤロスラフ・クールハン(チェロ)
岡田博美(ピアノ)

※放送日や内容については、予告なく変更になることがございます。あしからずご了承ください。

田崎悦子、読売新聞に登場!

2018 年 11 月 24 日 土曜日

田崎悦子本年5月26日10月13日に「Chopin Schumann Liszt 三大作曲家の愛と葛藤」と題した2回シリーズのリサイタルで名演を繰り広げ、聴衆の大喝采を浴びたピアニスト田崎悦子が、11月24日付読売新聞夕刊に登場しました。

読売新聞の連載「生老病死の旅路」は、毎回、各界の著名人のインタヴューで綴られ、単行本化もされている名物連載ですが、ここで田崎は自身の半生を振り返りながら、含蓄のある印象深い言葉の数々を語っています。

タイトル見出しとなっている「人間でいられることがアート」もそんな言葉のひとつ。詳しくは、同紙を是非ご覧ください。

2018年11月20、25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2018 年 11 月 20 日 火曜日

カメラータの11月新譜(11月20、25日発売)は2タイトルです。

CMCD-283611枚目は『高橋アキ プレイズ ハイパー・ビートルズ volume II』(11月20日発売/CMCD-28361)です。

先週15日、都内で行われた「高橋アキ ピアノリサイタル2018」も盛況のうちに終了した高橋アキの最新作は、待望の「ハイパー・ビートルズ」再録シリーズ第2弾。本アルバムではジョン・ケージの6台ピアノ(多重録音)作品からアルヴィン・ルシエの「ティーポット」まで、アメリカの実験音楽家たちの作品を中心に選曲。日本、ドイツ、ロシアの作曲家を加えた11人による魅力あふれる個性的なアレンジ作品を収録しました。

CMCD-283622枚目は『ベートーヴェン:「ワルトシュタイン」「テンペスト」他/岡田博美』(11月25日発売/CMCD-28362)です。

「磨かれた美しい一音一音。完璧な響きのバランス。清潔な歌。ベートーヴェンのピアノ曲に不可欠なものが、ぴったり揃っている」
[井阪紘/プロデューサー・ノートより]
岡田博美が、待望のベートーヴェンのピアノ・ソナタ集をリリースします。録音は2007~17年、東京文化会館小ホールでのライヴ。一切の衒いのない真正面からのアプローチで、作品そのものの造型を明確に示す潔さと実直さに、近年は表現の深みを加味し、さらに強い説得力を持った内容豊かな演奏を披露しています。

なお、来たる24日(土)に岡田博美のピアノ・リサイタル「今、いちばん弾きたいロシア」が東京文化会館にて開催されます。チケットは好評発売中で、会場では本アルバムの先行発売も予定されています。コンサートの詳しい情報はこちらをご覧ください。