‘ヘーデンボルク・トリオ’ タグのついている投稿

ヘーデンボルク・トリオの最新盤が『レコード芸術』準特選盤に

2019 年 12 月 19 日 木曜日

CMCD-2836811月25日に発売されたCD『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品70-1「幽霊」&70-2/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-28368)が『レコード芸術』誌の最新刊(2020年1月号)で【準特選盤】に選出されました。

誌面では中村孝義氏から、「3人は以前の作品1の時よりもさらにアンサンブルが凝縮され、実に見事な切れ味を持って開始し、その後もまったく弛緩することなく緊張感に富んだ演奏を展開している。(中略)今後必ずやウィーンを代表するピアノ・トリオと評価されるに違いない豊かな将来を十分に予想しうる好演である」と絶賛されました。

また、本アルバムは同誌の「優秀録音」のページでも取り上げられ、峰尾昌男氏から、「3人の演奏家がホールではなく大きめのサロンで自由に音楽を楽しんでいるといった感じが、音そのものだけでなく雰囲気として伝わってくる」と評価されました。

ヘーデンボルク・トリオが『音楽の友』に登場!

2019 年 12 月 18 日 水曜日

ヘーデンボルク・トリオ本日(12月18日)発売の『音楽の友』誌(2020年1月号)にヘーデンボルク・トリオのインタヴューが掲載されました。

カメラータからのデビュー盤となった『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品1』(CMCD-15143〜4)、今年11月に発売された第2弾『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品70-1「幽霊」&70-2』(CMCD-28368)、そして現在進行中のレコーディングの話題を中心に、どのような解釈と演奏でベートーヴェンの作品に取り組んでいるのかをメンバーが語る興味深い記事となっています。

2019年11月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2019 年 11 月 25 日 月曜日

カメラータの12月新譜(11月25日発売)は2タイトルです。

CMCD-283681タイトル目は『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品70-1「幽霊」&70-2/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-28368)です。

ウィーンを拠点に活躍する、ザルツブルク生まれの三兄弟により2012年に結成されたヘーデンボルク・トリオは、2017年にベートーヴェンのピアノ三重奏曲作品1で輝かしいCDデビューを果たしました。その演奏は、次代を担うピアノ・トリオとして、同年の来日公演とともに大きな話題となり、高い評価を受けています。待望のベートーヴェン・シリーズ第2弾は、「幽霊」で知られる作品70の2曲。幾多の名演奏家が取り組んだ名曲に、期待通りの新たな名演が加わりました。


CMCD-283672タイトル目は『神話の国の心象風景 邦楽展 plays 久田典子』(CMCD-28367)です。

2019年にその誕生から50周年を迎えた二十絃箏。誕生まもない頃からこの楽器を手掛け、数多くの作曲家の協力を得て新たな可能性を拓き続ける吉村七重が、二十絃箏の発展を見据え、20年以上に渡り開催してきた若手演奏家による演奏会シリーズ「邦楽展」を舞台に、5年の歳月をかけて取り組んできた久田典子作曲による委嘱新作「神話の国の心象風景」をついにレコーディングしました。作曲家と演奏家がともに育て上げた本曲集とその演奏は、箏による音楽の未来を力強く示しています。

クラシカ・ジャパンでヘーデンボルク・トリオのインタビュー動画公開中!

2018 年 1 月 29 日 月曜日

CMCD-15143〜42012年に結成、昨年9月にはデビュー・アルバム『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品1』(CMCD-15143〜4)をカメラータからリリースし、今年のウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートの生中継では、メンバーのベルンハルト・直樹・ヘーデンボルクがゲスト・ナビゲーターとして出演するなど、いま注目を浴びるピアノ三重奏団、ヘーデンボルク・トリオ

その3人が昨年9月に来日した際に行われたインタヴュー動画が、クラシカ・ジャパンのホームページにて公開中です。長男:ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(ヴァイオリン)、次男:ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(チェロ)、そして三男:ユリアン・洋・ヘーデンボルク(ピアノ)。ザルツブルクの音楽一家に生れたヘーデンボルク三兄弟のインタビューからは、新しい世代が担う室内楽の未来を感じる事ができるでしょう。

なお、同インタビュー記事ではヘーデンボルク・トリオのデビュー・アルバムのプレゼントも好評実施中です(2018年2月12日締め切り)。詳しくは記事をご覧ください。

■クラシカ・ジャパン【話題沸騰!ウィーンを拠点に活躍するヘーデンボルク三兄弟にインタビュー】

ヘーデンボルク・トリオが『レコード芸術』準特選、各音楽誌にも登場!

2017 年 10 月 24 日 火曜日

CMCD-15143〜49月に発売されたCD『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品1/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-15143〜4)で鮮烈なデビューを飾ったヘーデンボルク・トリオ。そのアルバムが『レコード芸術』誌(2017年11月号)で【準特選】および【優秀録音】に選出されました。

また、『音楽の友』誌(2017年11月号)では、2ページにわたるインタヴューと、9月にサントリーホールで開催された「チェンバーミュージック・ガーデン」における日本デビュー・リサイタルのレヴューが掲載されました。

同トリオは、ヴァイオリンのヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクが連載を持つ『モーストリー・クラシック』誌(2017年12月号)のミニ・インタビューにも登場しています。

今後の活躍が期待される若き俊英たち、ヘーデンボルク・トリオにぜひご注目ください。

2017年9月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2017 年 9 月 25 日 月曜日

カメラータの10月新譜(9月24日発売)は2タイトルです。

CMCD-283461タイトル目は『シューベルト:3つのピアノ曲 D.946、幻想曲 D.940〜最晩年のピアノ作品集/高橋アキ』(CMCD-28346)です。

「(高橋アキは)抜群の『間』のとり方で、そこにシューベルトの音楽の真髄である『沈黙』の親密な対話がひそんでいるのを聴きとっていた。今回もその基本に立って、シューベルトのもうひとつの重要なファクターである『歌』に深く迫る」──喜多尾道冬(ブックレットより)

2007年よりスタートした高橋アキのシューベルト・シリーズ第6弾。当盤では、シューベルト最期の年の2作品を中心に、舞曲、変奏曲、歌曲編曲を収録。各作品に通底するシューベルトの本質をとらえ、その「歌」の根幹にふれます。

なお、来たる10月17日(火)、豊洲シビックセンターホールにて「シューベルト+フェルドマン+尹伊桑(生誕100年を記念して) 高橋アキ/ピアノリサイタル2017」が開催されます。当日は本アルバムに収録された「12のドイツ舞曲 D.790」「3つのピアノ曲 D.946」も演奏される予定です。
演奏会の詳細およびチケット等の情報は弊社のコンサートのページをご覧ください。

CMCD-15143〜42タイトル目は『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品1/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-15143〜4)です。

音楽家の両親のもと、ザルツブルクに生まれたヘーデンボルク一家の三兄弟によるピアノ三重奏団、その名もヘーデンボルク・トリオ。正団員としてウィーン・フィルの次代を担うヴァイオリニストの長男:ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクとチェリストの次男:ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク、ピアニストとして活躍する三男:ユリアン・洋・ヘーデンボルクが、2012年に結成したトリオです。待望のデビュー盤は、ベートーヴェンの名作、ピアノ三重奏曲作品1の3曲を収録。音楽一家で育まれた才能きらめく3人が、清新かつ親密で豊かなハーモニーを聴かせています。