‘ブルーレイディスク’ タグのついている投稿

TBSテレビ『Nスタ』でシュッツのCDが紹介されました

2016 年 3 月 15 日 火曜日

 本日3月15日(火)夕方、TBSテレビ系で放送されました『Nスタ』内の「Nトク」コーナーにて、弊社から発売中のアルバムCMCD-28313『モーツァルト:フルート四重奏曲集/カール=ハインツ・シュッツ』(CMCD-28313)が紹介されました。
 同番組では世界的にも有名なムラマツフルートを製作する村松フルート製作所を訪問、創業以来一貫してハンドメイドにこだわるフルートの製作過程とその職人の皆さんを取材。そこで生まれたフルートを愛用する世界的名手のひとりとして、ウィーン・フィル首席奏者のカール=ハインツ・シュッツが、弊社から発売中の「モーツァルト:フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285」の音源とともに紹介されました。
 同音源を収録したアルバムは通常のCDのほかに、ハイレゾのブルーレイディスクおよびHQMストアでのハイレゾ配信で好評発売中です。
 新世代のウィーン・フィル首席奏者が名器で奏でるフルート四重奏を、弊社ならではの高音質録音でお楽しみください。

【CD】『モーツァルト:フルート四重奏曲集/シュッツ』
【ブルーレイ】『モーツァルト:フルート四重奏曲集/シュッツ』[24bit/192kHz/96kHz]
【ハイレゾ配信】『モーツァルト:フルート四重奏曲集/シュッツ』[24bit/FLAC 192kHz/ALAC 48kHz]

2015年1月25日新譜のご案内[クラシック/ブルーレイ]

2015 年 1 月 25 日 日曜日

 カメラータの2月新譜(1月25日発売)はCMBD-80008『モーツァルト:フルート四重奏曲集/シュッツ、ダナイローヴァ、リー、ヴァルガ』(CMBD-80008)です。
 早くも21世紀最高のフルート奏者のひとりとの呼び声も高いカール=ハインツ・シュッツ。ソロはもちろん、ウィーン・フィル首席奏者としての演奏から室内楽まで、精力的な活動に注目が集まる彼が、現在考え得る理想的なメンバーで録音、昨年12月にCDとして発売されたアルバム(CMCD-28313)が待望のブルーレイディスク盤で登場しました。
 ウィーン・フィル初の女性コンサートマスターのアルベナ・ダナイローヴァに、ヴィオラ首席のトビアス・リー、チェロ首席のタマーシュ・ヴァルガという豪華な顔ぶれが、ウィーン・フィルの名手ならではの柔らかい音色で典雅に奏でるモーツァルトのフルート四重奏曲。ハイレゾ時代の決定盤が誕生しました。

2014年10月25日新譜のご案内[クラシック/ブルーレイ&CD]

2014 年 10 月 25 日 土曜日

 カメラータの11月新譜(10月25日発売)は2タイトルです。

 1タイトル目はCMCD-28314『ブラームス:交響曲第4番/キンボー・イシイ、マクデブルク・フィルハーモニー管弦楽団』(CMCD-28314)です。
 かつてワーグナーもオペラを作曲・初演したドイツ・マクデブルク。この地で100年以上に渡り育まれた、深みのある伝統の響きを奏でるマクデブルク・フィルハーモニー管弦楽団が得意とするレパートリーは、もちろんドイツ音楽です。2010年より音楽総監督を務める気鋭の指揮者キンボー・イシイが、このマクデブルク・フィルから最高の音楽を引き出し、ブラームスとワーグナー作品の精髄を聴かせます。

 2タイトル目はCMBD-80007『高橋アキ プレイズ エリック・サティ-1』(CMBD-80007)です。
 サティのピアノ作品演奏の第一人者にして、日本における「サティ再発見」の立役者でもある高橋アキによるサティ作品の最新録音。今年6月にCDで発売され、『レコード芸術』誌(2014年8月号)で【特選】に選ばれるなど、各方面から絶賛されたアルバムが、待望のブルーレイ・ディスクでリリースされました。
 収録曲目は、サティ10代の作「アレグロ」や「ワルツ=バレエ」、〈黒猫〉(シャ・ノワール)時代の代表作「ジムノペディ」、それに続く「グノシエンヌ」など、初期作品を中心に数々の名曲をチョイス。ブックレットには、高橋アキとともにわが国のサティ受容に大きな役割を果たした秋山邦晴による曲目解説が掲載されています。
 銘器ファツィオーリ F278の豊かな響き、録音場所の気感をも鮮明に捉えた24bit/192kHzおよび96kHzの高音質ハイレゾ録音を、一般的な家庭用ブルーレイ・プレーヤーで気軽にお楽しみいただけます。

2013年10月25日新譜のご案内[クラシック/ブルーレイ&CD]

2013 年 10 月 25 日 金曜日

カメラータの11月新譜(10月25日発売)は3タイトルです。

CMBD-80006 1枚目は『ベートーヴェン:クロイツェル&スプリング・ソナタ/カリーン&ドリス・アダム』(CMBD-80006/ブルーレイディスク)です。
 ベートーヴェンの傑作ヴァイオリン・ソナタ「クロイツェル」と「春」の2曲が、現在各方面で話題のブルーレイディスク・オーディオで登場。演奏はヨーロッパを中心にデュオとして、また、数多くの有名指揮者やオーケストラとの共演など、第一線で活躍を続ける姉妹デュオ、カリーン・アダム(ヴァイオリン)とドリス・アダム(ピアノ)。音楽の本場ウィーンで培われた音楽性豊かな名演を、ブルーレイディスクの極上サウンドでご堪能ください。

CMCD-20204 2枚目は『ジャンドロン=フォーレ/モーリス・ジャンドロン、岩崎 淑』(CMCD-20204)です。
 「最初の一音から全メロディーの最後の音までを一弓で奏いているかのように大きく歌い継がれている。その演奏は圧巻で、私は心を奪われて茫然自失、夢を見ているような思いで「まさに、これが音楽というものなのか!」と感嘆したのを憶えている」……[プロデューサー:井阪 紘]
 巨匠モーリス・ジャンドロン(チェロ)によるフランスの粋がつまった1972年録音の名盤が待望の復刻! “芸術”と呼ぶにふさわしいその唯一無二の音楽を堪能できる必聴のアルバム。聴くものを魅了してやまないジャンドロンの流麗なるチェロの調べをお楽しみください。

CMCD-28291 3枚目は『アイネム:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 作品11 他/カリーン&ドリス・アダム』(CMCD-28291)です。
 オーストリアを代表する現代作曲家、ゴットフリート・フォン・アイネムと、同じくオーストリア出身で、シューベルト未完のオペラ『グライヒェンの伯爵』を補筆完成させるなど、いま最も注目をあつめる作曲家のひとり、リヒャルト・デュンザーのヴァイオリン作品集です。演奏するのはデュンザー自身と深いかかわりをもち、その作品を献呈されたウィーンの名姉妹デュオ、カリーン・アダム(ヴァイオリン)&ドリス・アダム(ピアノ)。ヨーロッパで人気を博すふたりの作品を、前述の『クロイツェル&スプリング』とはまた違った、高度な演奏技術で聴かせる注目のアルバムです。

2013年6月25日新譜のご案内[クラシック/ブルーレイ&CD]

2013 年 6 月 25 日 火曜日

CMBD-80005 1枚目は『至高のコンサートグランド ファツィオーリ F278〜ドビュッシー&シューマン:ピアノ作品集/コスタンティーノ・カテーナ』(CMBD-80005)です。
 イタリアが誇る現在最高のピアノのひとつ、『ファツィオーリ F278』。本作では、その中でも録音の4ヶ月前に完成したばかりの最新モデルを使用しました。コスタンティーノ・カテーナが紡ぎだすどこまでも美しく澄んだ銘器の音色。会場でしか聴くことのできない『理想の音』を再現し、その魅力を余すところなく伝えるために最適なソフト=ブルーレイ・ディスクを選択。至高の銘器と最高の技術が相まって誕生した究極のピアノ・サウンドがここに登場しました。

CMCD-99075〜6 2枚目は『クープラン:諸国の人々~3声の合奏のソナタと組曲(全曲)/インデアミューレ 他』(CMCD-99075〜6)です。
 卓越した演奏技術で奏者としてはもちろん、教育者としても賞賛をうける名オーボエ奏者、トーマス・インデアミューレ。彼が永年の夢であったクープランの大作『諸国の人々』の全曲録音を遂に完成。盟友であるパリ国立歌劇場管弦楽団の首席オーボエ奏者、ジャック・ティースをはじめ、ダヴィッド・トーマス(ファゴット)、クララ・ラダ・ゴメス(チェロ)、原田留美子(チェンバロ)等最良のメンバーが集い、流麗に奏でるフランス・バロック音楽の傑作です。

CMCD-28279 3枚目は『沙羅〜日本の歌、懐かしき心の原風景/日野妙果』(CMCD-28279)です。
 子供の頃に見た故郷の風景、季節ごとの匂いや温もり——タイトルにもなった「沙羅」をはじめ、「からたちの花」「鐘が鳴ります」「叱られて」「さくら横ちょう」など、美しい日本の風景、日本人の美しい感性を歌った数々の名作を選曲。ヨーロッパと日本で活躍する日野妙果(メゾ・ソプラノ)の美しく表現力豊かな歌唱と、幾多の世界的演奏家との共演で知られる名手・小林道夫の絶妙なピアノによる、識者も絶賛の「理想的な日本歌曲集」が完成しました。

2013年4月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2013 年 4 月 25 日 木曜日

 カメラータの5月新譜(4月25日発売)は3タイトルです。

CMCD-99073〜4 1枚目は『チェルニー:48の前奏曲とフーガ 作品856/神谷郁代』(CMCD-99073〜4)です。
 当ディスクをプレーヤーに乗せ、その音を蘇らせた瞬間、この曲集がもはや単なる練習曲などではなく、唯一無二の性格を具えた卓越したピアノ曲であることがすぐに分かるだろう……[オットー・ビーバ/ウィーン楽友協会アーカイヴ・ディレクター]
 カール・チェルニーが亡くなる年に作曲し、愛弟子リストに献呈した遺作、『48の前奏曲とフーガ』。当時は練習曲として出版されましたが、今ではほとんど知られていない幻の作品がウィーン楽友協会の協力のもと、遂にそのベールを脱ぎました。
 チェルニーが遺した『音』による遺言をよみがえらせるのは日本を代表する名手、神谷郁代。従来の『練習曲』とは一線を画する必聴の名品がここに。貴重な世界初録音です。

CMCD-28280 2枚目は『ヴィヴァルディ:四季/フランチェスキーニ,ブリツィ,イ・ソリスティ・ディ・ペルージャ』(CMCD-28280)です。
 鬼才クラウディオ・ブリツィとイタリアの名アンサンブル、イ・ソリスティ・ディ・ペルージャが新たな解釈で挑んだヴィヴァルディの名曲「四季」。今年2月25日に《ハイレゾオーディオ・ブルーレイディスク》として発売(CMBD-80004)、オーディオ雑誌を始め各メディアで絶賛され、話題となったタイトルを、今回はCDとして発売しました。
 今回のCD化にはビクタークリエイティブメディアが開発した『HRカッティング』を採用、ハイレゾリューション音源をダイレクトにCDへカッティングすることで高音質を実現しました。『HRカッティング』によるCDは通常のCDプレイヤーで再生可能が可能です。
 ブルーレイディスク・プレーヤーをお持ちでない方をはじめ、既発売のブルーレイディスク盤との比較試聴も楽しめるタイトルです。

CMCD-25039 3枚目は『ブラームス:チェロ・ソナタ 第2番&シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ/ワルター・ノータス&井上直幸』(CMCD-25039)です。
 2003年4月に惜しまれつつこの世を去った名ピアニスト、井上直幸。本アルバムは彼の没後10年を記念し、1976年に録音され、LPのみでリリースされていた音源の初CD化です。
 バイエルン放送交響楽団の首席チェロ奏者を経て、ソロ・室内楽、また指導者としても活躍するワルター・ノータスと井上直幸の理想的なデュオで、ブラームスとシューベルトの名作ソナタの本質に迫ります。オリジナルのアナログ・マスター・テープからの最新技術によるリマスタリングにより、若き日の幻の名演がよみがえりました。

2013年2月25日新譜のご案内[クラシック/ブルーレイ]

2013 年 2 月 25 日 月曜日

CMBD-80004 カメラータの3月新譜(2月25日発売)は『ヴィヴァルディ:四季/フランチェスキーニ,ブリツィ,イ・ソリスティ・ディ・ペルージャ』(CMBD-80004)です。
ヴィヴァルディといえば「四季」といわれるほど、これまでにもこの名曲は各レーベルやアーティストにより多数のレコーディングが行われてきましたが、今回のアルバムは24 bit/192 kHz(96 kHzも並録)というハイスペックでレコーディングを行い、その高音質マスター音源を話題のハイレゾリューション・オーディオ・ブルーレイディスクに収録した最新アルバムです。
ヴァイオリン・ソロを担当するのはイタリアの名アンサンブル、イ・ソリスティ・ディ・ペルージャのリーダー、パオロ・フランチェスキーニ。イ・ムジチ合奏団の名手、ピーナ・カルミレッリの愛弟子である彼が、師から引き継いだ銘器マリーノ・カピッキオーニを存分に聴かせます。鬼才クラウディオ・ブリツィはリアリゼーション、およびクラヴィオルガンによる革新的な演奏を担当しました。
最新の高音質音源、ハイ・スペックながらもCDと同様の取り扱いやすさを持つブルーレイディスクを得て、新たな解釈で挑むヴィヴァルディの名曲「四季」。バロック録音の新時代到来を告げる新たな名盤の誕生です。

ハイレゾ・オーディオ・ブルーレイディスク、リリース1ヶ月で連続受賞!

2013 年 2 月 19 日 火曜日

 昨年12月に第一弾3タイトルが発売され、大きな話題となっている「ハイレゾリューション・オーディオ・ブルーレイディスク」。雑誌等のレヴューではその高音質が絶賛され、さらに権威ある賞を続々受賞しています。

 まず、株式会社ステレオサウンドが主催する『第28回HiViグランプリ』では、「ブルーレイディスクによる高音質音楽専用パッケージの企画・提案に対して」、この度の高音質ブルーレイディスクを共同で開発・提案した「Promotion Goroup of Blu-ray Disc for High Resolution Audio」に『企画特別賞』が授与されました。
 受賞したグループは、株式会社カメラータ・トウキョウと株式会社クリプトン、メモリーテック株式会社、株式会社キュー・テックの4社が設立。高音質ブルーレイディスクの制作にあたっては、高音質音楽配信等でパートナーを組んでいるカメラータ・トウキョウとクリプトンが協力して音質の検証を重ね、メモリーテック、キュー・テックがマスタリング、オーサリングからプレスに至るすべて過程を徹底的に見直し、高音質のためにブラッシュアップして、「Next CD」とも言えるディスクを作り上げることができました。
 受賞の決め手は、「これまで配信(とごく一部のデータDVD-R等)でのみ供給されていたハイレゾ音源を万人のものに解放したこと」「パソコンとインターネットの知識と技量がないとハイレゾ配信を楽しめないが、CDと同じディスク形状、同じ操作性で192kHz/24ビット/WAVまでの圧倒的なハイレゾ音楽享受環境を実現したこと」が高く評価された、とのことでした。

CMBDM-80001 さらに、2月15日に発表となった『第5回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞』では、昨年12月リリースの弊社ブルーレイディスク第一弾となった『驚異のデュオ/ベルリン・フィルハーモニック・デュオ』(CMBDM-80001)が、『ベスト高音質賞・音楽部門(クラシック)』を受賞しました。
 同賞は、映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」が主催するもので、2012年に発売されたブルーレイソフトの中で、ブルーレイディスクの特長を最も生かした作品を表彰するアワードです。
 選評で語られた評価のポイントは、「ブルーレイの持つ高音質フォーマットとしての実力を最大限に発揮。ベルリン・フィル黄金時代のチェロとコントラバスの名手によるデュオの名演奏を鮮明に伝えている。音声フォーマットは、CDの音質を遥かに凌ぐリニアPCM 2ch 192kHz/24bit。2つの低弦の豊かな倍音を伴った心躍るハーモニーの至芸が、ブルーレイディスクでここまで聴けるのが嬉しい。ブルーレイは『映像無し、音だけの音楽メディア』としても圧倒的な魅力があることを天下に喧伝した功績は大きい。」とのことでした。また、審査委員長の麻倉怜士氏は、受賞全作品表彰後の総評の中でも、「ハイレゾリューション・オーディオ・ブルーレイディスク」を、今後のブルーレイディスクの方向性のひとつとして位置付けるなど、非常に高く評価されていました。

 発売後2ヶ月を前に相次ぐ受賞を果たしたハイレゾリューション・オーディオ・ブルーレイディスク。まだお聴きになっていない方は、ぜひ一度、演奏家の意図に限りなく近い高音質の音楽をご体験ください。

 次回ブルーレイ新譜は2月25日発売、ヴィヴァルディの『四季』(2012年新録音)です。どうぞお聴き逃しなく!

インストア・イベント開催決定!

2012 年 12 月 10 日 月曜日

『ハイレゾオーディオ・ブルーレイディスク』発売記念
試聴イベント開催!!

12月20日にリリースを予定している『ハイレゾオーディオ・ブルーレイディスク』の発売を記念し、『手軽に楽しむ高音質ディスク』をコンセプトに、12月16日(日)タワーレコード新宿店10Fクラシック・フロア特設ステージにて試聴イベントを開催いたします!
当日はオーディオ評論家の和田博巳氏をお招きし、ブルーレイディスクの高音質サウンドの魅力と楽しみ方を解説いただきます。
また、(株)クリプトン社のご協力をいただき、話題のスピーカー、KS-3HQMを使用して、従来のCDとの比較と、手軽にブルーレイディスクをお楽しみいただく方法をご提案いたします!
小さなボディからは想像もつかないパワフルかつ高精細なサウンドをお楽しみください。

和田博巳氏 プロフィール
1948年生まれ。1972年、鈴木慶一と意気投合し、伝説のバンド「はちみつぱい」にべーシストとして参加。’80年代以降はオリジナル・ラヴやヒックスヴィルをはじめとした多くのアーティストの作品を手掛け、後の“渋谷ブーム”の隆盛に寄与。現在は、日本の音楽シーンのみならず、洋楽も含めた様々な音楽に精通した稀有なオーディオ評論家としても活躍中。「STEREO SOUND」誌、「HiVi」誌を始め数多く執筆活動もおこなっている。ジャンルに囚われず音楽を楽しむ姿勢はクラシック音楽に対しても例外ではない。

イベントの詳細はチラシをご覧ください。↓

イベントチラシ

入場無料です。是非お越しください!!