‘ザビエル・ラック’ タグのついている投稿

ザビエル・ラックの新譜が日経新聞で紹介されました

2020 年 4 月 7 日 火曜日

CMCD-28370本日(4月7日)発刊の日本経済新聞の夕刊で、ザビエル・ラックの最新盤、『エレメンタル──フルートで探る精霊たちの世界』(CMCD-28370)が紹介されました。

紙面では、「ラックの音色は幻想的で柔らかく、自然を扱う音楽によく合う。ピアノの岡田将も好演。」と高く評価されました。

2020年2月29日新譜のご案内[クラシック/CD]

2020 年 2 月 29 日 土曜日

CMCD-28370

カメラータの3月新譜(2月29日発売)は『エレメンタル──フルートで探る精霊たちの世界/ザビエル・ラック』(CMCD-28370)です。

数々の世界的オーケストラのフルート奏者として活躍し、神戸女学院大学で後進の指導にもあたるザビエル・ラックとピアニスト岡田将によるCDアルバム第2弾。

「エレメンタル」とは、土の精・水の精・風の精・火の精という四大元素の精霊たち。ドビュッシー、武満徹、ライネッケなどの作曲家たちがフルートの音を使って描き出した精霊たちの世界を、ラックが多彩な音色で豊かに描き出します。

ブックレットにはラック自身による作品解説も掲載されています。

フルートの名手ザビエル・ラック、銀座ヤマハでリサイタル

2018 年 7 月 10 日 火曜日

CMCD-28344昨年2月、近代フルートの父と言われる作曲家タファネルを中心とした、意欲的CDアルバム『タファネル 至高のファンタジスト』(CMCD-28344)をリリース、『レコード芸術』特選盤に輝くなど、高い評価を得たザビエル・ラック

先日、ヤマハのWebマガジン「Web音遊人」で、このCDの魅力を詳細に渡りご紹介いただきましたので、是非ご一読ください。

神戸女学院大学音楽学部准教授として後進の指導にあたりながら、演奏活動で活躍する名手ザビエル・ラックのリサイタルが、7月14日午後7時、ヤマハ銀座コンサートサロンで行われます。

ロマン派屈指のフルート名曲ライネッケの「ウンディーネ」や、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」など、フルートの魅力満載のプログラムを名手ラックの演奏で聴ける、期待の高まる注目のコンサートです。

詳細は、こちらのリンクをご覧ください。

ザビエル・ラックのアルバムが『レコード芸術』特選盤に

2017 年 3 月 21 日 火曜日

2月25日に発売されたCDCMCD-28344『タファネル 至高のファンタジスト/ザビエル・ラック』 (CMCD-28344)が『レコード芸術』誌の最新刊(2017年4月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では濱田滋郎氏から、「高度な技術と美音を駆使し、見事な奏楽を聴かせる」と評され、那須田務氏からは「透明度の高い明るくて甘い音色が魅力で、高音域から低音までムラのない音色と安定した技巧を備え、表現も洗練され、細部まで丁寧に仕上げられている」と高く評価されました。

2017年2月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2017 年 2 月 25 日 土曜日

CMCD-28344カメラータの3月新譜(2月25日発売)は、『タファネル 至高のファンタジスト/ザビエル・ラック』(CMCD-28344)です。

偉大なフルート奏者・教育者、作曲家、指揮者のポール・タファネルは、今日のフルートの興隆に大きく寄与した巨匠。その優れた音楽性、卓越した演奏と知性を発揮して、演奏上・作曲上の選択肢の幅を広げ、フルートの特質、絶対的本質を引き出しました。そんなタファネル芸術の真髄を、世界的オーケストラで活躍し、神戸女学院大学で後進の指導にもあたるザビエル・ラックが余すところなく伝えます。

タファネルの作品を中心に、彼が愛奏・重視した作品も収録。ラックによる解説も掲載した充実の1枚です。

ヤマハ・ウインドストリームにてザビエル・ラックのインタビュー動画公開中

2017 年 2 月 17 日 金曜日

CMCD-28344今月25日、カメラータ・トウキョウから『タファネル 至高のファンタジスト』(CMCD-28344)がリリースされるフルーティスト、ザビエル・ラックのインタビュー動画が、「ヤマハ・ウインドストリーム」のFacebookページにて公開中です。

今回のアルバムの聴きどころ、そして実際にレコーディングで使用されたヤマハの“イデアル”YFL-997CH(総14金製)の魅力について、ラック自身が演奏し語る動画です。ぜひチェックしてみてください。

●ヤマハ・ウインドストリーム「名手に訊く」/ザビエル・ラック