高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2019 年 7 月 22 日

CMCD-990865月31日に発売されたCD『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために/高橋アキ』(CMCD-99086)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2019年8月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「こことあそこに関連があるから、といった聴き方を常に白紙に近く無効化し、どうやって聴けばよいのかという不断の問いを差し出しながら、宙吊りにされた回答のなかで、音楽は引きずるものなどないままにきらりとしたタッチでただただ進んで行く。美しい演奏だ」と評され、白石美雪氏からは、「作曲家の意識と聴き手の意識が音を介して溶け合う感覚を覚えるのは、高橋アキのレアリゼーションがあってのことだ。どうしてこれほど絶妙なタッチと強弱法で、1時間を超える演奏を律することができるのか。その技術と精神力には脱帽だ」と評されました。

『レコード芸術』で高橋アキの最新盤が取り上げられました

2019 年 6 月 20 日

CMCD-99086『レコード芸術』最新刊(2019年7月号)の「先取り! 最新盤レヴュー」のコーナーにて、高橋アキの最新盤、『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために』(CMCD-99086)が取り上げられました。

誌面では矢澤孝樹氏から、「高橋アキは『驚異の鏡』である。演奏家の恣意を捨象しつつ、限りなく完璧な再現/再創造で作品の意図を映し出すことができる。フェルドマンのような音楽に求められる、演奏者が恣意を取り去って臨み、かつその恐るべき時間と空間の拡張を表現する上で、かくもふさわしい弾き手がいるだろうか」等と評されました。

2019年6月15日新譜のご案内[クラシック/CD]

2019 年 6 月 15 日

CMCD-15151〜2カメラータの6月新譜(6月15日発売)は『ブクステフーデ:オルガン作品集/松居直美』(CMCD-15151〜2)です。

世界各地の由緒あるオルガンで録音を続けている松居直美が、今回選んだ作曲家は、北ドイツ楽派を代表する音楽家ブクステフーデ。その作品演奏にふさわしいオルガンを求めデンマークを訪れ、世界遺産のロスキレ大聖堂に設置の歴史的オルガンで、ブクステフーデの代表的な曲種を網羅した作品集を収録しました。

高音質で定評ある「UHQCD」(Ultimate Hi Quality CD)で、オルガン銘器の響きをお楽しみください。

2019年5月31日新譜のご案内[クラシック/CD]

2019 年 5 月 31 日

CMCD-99086カメラータの6月新譜(5月31日発売)は『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために/高橋アキ』(CMCD-99086)です。

フェルドマン=高橋アキの「音=沈黙」はわたしたちのイマジナリーの連鎖をどこまでも広げてゆく、いわば奥深い宇宙力を秘めている。
――喜多尾道冬(ブックレットより)

聴く者に人生観、世界観までも一変させるほどの感銘を与え、初演時には、作曲家自身の心をも深く動かした、高橋アキによるフェルドマン晩年の宇宙的大作「バニータ・マーカスのために」。長くその存在が知られていた高橋によるセッション録音が、ついにリリース! ブックレットには、喜多尾道冬、ジェイムズ・プリチェットによる解説、高橋が初演時のエピソードを綴ったエッセイも収録しました。

日経新聞「こころの玉手箱」に西村朗が登場

2019 年 5 月 30 日

CMCD-28364月曜日から金曜日までの5日間をかけ、ひとりのゲストが自分の思い出や様々な交友関係を語る日経新聞夕刊のコラム「こころの玉手箱」に、作曲家の西村朗が登場しました。

各コラムでは今年2月に上演されたばかりのオペラ『紫苑物語』、ベートーヴェンの「第九」に衝撃を受けた小学生時代、西村作品を語る上で欠かせない「ヘテロフォニー」という概念、愛用の筆記具などについて語られました。第4回目(5月30日夕刊)のコラムでは「杉浦康平さんデザインのCDジャケット」と題し、最新作『アルディッティSQプレイズ 西村 朗/シェーシャ[聖蛇]』(CMCD-28364)を始め、西村のCDジャケットを20タイトル以上手がけてきた日本を代表するグラフィック・デザイナー、杉浦康平氏とのエピソードが語られています。

■「こころの玉手箱」は日経電子版の会員であればネットでもご覧になれます。

『レコード芸術』最新刊にウィーン・ニコライ弦楽四重奏団が登場

2019 年 5 月 23 日

レコード芸術『レコード芸術』の最新刊(2019年6月号)にウィーン・ニコライ弦楽四重奏団のインタビュー記事が掲載されました。

  インタビュー記事では、弦楽四重奏団を結成し“ニコライ”の名を冠した経緯、第1弾のアルバムにベートーヴェンの「ラズモフスキー」を選んだ理由やレコーディングでのエピソード、そしてウィーン・フィルとウィーンの伝統を引き継ぐ演奏家としての姿勢などがメンバーによって語られ、興味深いインタビュー記事となっています。

西村朗×アルディッティSQの「シェーシャ」が『レコード芸術』特選盤に

2019 年 4 月 22 日

CMCD-283642月28日に発売されたCD『アルディッティSQプレイズ 西村 朗/シェーシャ[聖蛇]』(CMCD-28364)が『レコード芸術』誌の最新刊(2019年5月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「西村のアジア的な想像力には、常に新しい形象が加わっていく。そのイメージの根源や様相には果てがないようだ」と評され、白石美雪氏からも、「音をぶつけて動的なエネルギーを引き出し、燃焼させて輝く。アルディッティ弦楽四重奏団ならではの起爆力だ」と評されました。

ホームページ表示障害のお詫びと復旧のお知らせ

2019 年 4 月 18 日

平素より、カメラータ・トウキョウのホームページをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

4月16日(火)に発生しました弊社ホームページの表示障害は、本日18日(木)に復旧いたしました。

お客様および関係各社の方々には大変ご迷惑をお掛け致しました。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ホームページ表示障害についてのお知らせ

2019 年 4 月 16 日

平素より、カメラータ・トウキョウのホームページをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

4月16日(火)現在、システム障害により弊社ホームページが一時的に閲覧等ができなくなる事象が発生しております。

現在、システム障害の原因を調査中です。お客様および関係各社の方々には大変ご迷惑をお掛け致しますが、復旧まで今しばらくお待ちくださいませ。

2019年3月28日新譜のご案内[クラシック/CD]

2019 年 3 月 28 日

CMCD-28365カメラータの4月新譜(3月28日発売)は『クレプス:室内ソナタ集 I〜III/W. シュルツ&C. ブリツィ』(CMCD-28365)です。

世界屈指の名フルート奏者として、ウィーン・フィル、国立歌劇場はもちろん、ソロ・室内楽でも活躍したヴォルフガング・シュルツ。2013年3月28日に急逝して6年、シュルツの未発表音源が登場しました。亡くなる5年前、クラウディオ・ブリツィ(クラヴィオルガン)とともにイタリアで録音したバッハの高弟クレプスの室内ソナタ集にも、音色の暖かさと趣味の良い的確な表現で世界を魅了したシュルツの芸術が収められています。滑舌良く語るアーティキュレーションと流暢に流れる歌心の絶妙なバランスを、相性の良いクレプス作品で心行くまでお楽しみください。