【訃報】アルト・サックス奏者 リー・コニッツさん

2020 年 4 月 18 日

リー・コニッツ2020年4月15日(ニューヨーク現地時間)、アルト・サックス奏者のリー・コニッツさんが新型コロナウイルスによる肺炎で永眠されました。享年92歳でした。

生前、弊社のジャズ・レーベル「インサイツ」にて、コニッツさんのレコーディング・プロデューサーを務めた井阪紘からのコメントと共に、弊社スタッフ一同、ここに慎んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。


「Lee Konitzの死を悼む」/井阪紘

リー・コニッツ、92歳。ニューヨークで、コロナウイルスによる肺炎で4日前に亡くなった。1927年生まれ。22歳頃からレニー・トリスターノの音楽に共感して、『Subconscious-Lee』(1955年)というアルバムを1949年にレコーディングした。リーはその時まだ22歳だったので、いかに才能があったのかがわかる。そしてその1枚で一躍注目された。

その前年、1948年から始まったマイルス・デイヴィスの『Birth of the Cool』(1957年)のセッションにも彼は参加している。その次には、1955年にアトランティックで初のリーダー・アルバム『Lee Konitz with Warne Marsh』を録音。これは、今も名盤として聴き続けられている。

その頃、ジャズを聴き始めた私は、まだ中、高校生。リー・コニッツは偉大で、遠くの存在のレコード・アーティストだった。

龝吉敏子のビッグバンドの録音で一区切り終えた1980年頃に、偶然リーと知り合い、日本にコンサートとレコーディングで呼ぶようになって、自分自身の「Insights」と言うレーベルを立ち上げ、リーと2枚ほど一緒に録音の仕事をした。

彼はレコーディングの仕事は大好きだったようで、色々話し合いながらアルバムを作るのは楽しい時間だった。

最初はドン・フリードマンとの1枚ゲイリー・フォスターとウォーン・マーシュに因んだ2枚目では、西海岸でトリスターノ派の2人が意気投合して音楽に没頭する姿を見られて、良い思い出になっている。

もう一度、飲んでジャズや音楽、いろいろ話をしたかった。だが、今は叶わない。

合掌。

[井阪紘/レコード・プロデューサー]


リー・コニッツ ディスコグラフィー
リー・コニッツ meets ドン・フリードマン(25CJ-10)
ボディ・アンド・ソウル~ウォーン・マーシュに捧ぐ/リー・コニッツ&ゲイリー・フォスター(25CJ-12)

高橋アキの新譜が朝日新聞で紹介されました

2020 年 4 月 18 日

CMCD-283724月16日発刊の朝日新聞夕刊「For Your Collection」コーナー ※で、高橋アキの最新盤『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)が紹介されました。

紙面では金澤正剛氏から「実に淡々と、ごく自然体で弾かれるシューベルト。(中略)日常生活の一部としての音楽。そこにこそ真の心の安らぎがある。」と評されました。

(※現在、朝日新聞デジタル無料会員に登録されている方は有料記事を本数制限なくお読みいただけます。)

新型コロナウイルスの影響に伴う対応につきまして

2020 年 4 月 13 日

日ごろより弊社の商品をご利用いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、弊社でも一部業務のテレワーク化、および営業日・営業時間短縮等の対応を随時行っております。

そのため、電話や郵便・宅配便等の送付物によるお問合せおよび在庫の確認等は、少人数で時間を限った対応となるため、速やかなご返答が不可能な場合がございます。各部署宛にEメールまたはFAXにてご連絡をいただければ幸いです。

レコード部:record@camerata.co.jp
レコード販売部:sales@camerata.co.jp
コンサート部:concert@camerata.co.jp
FAX(各部共通):03-5790-5562

また、弊社オンラインショップでの商品ご注文も引き続きご利用になれますが、流通状況等により商品のお届けに遅れが発生する可能性がございます。

お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ザビエル・ラックの新譜が日経新聞で紹介されました

2020 年 4 月 7 日

CMCD-28370本日(4月7日)発刊の日本経済新聞の夕刊で、ザビエル・ラックの最新盤、『エレメンタル──フルートで探る精霊たちの世界』(CMCD-28370)が紹介されました。

紙面では、「ラックの音色は幻想的で柔らかく、自然を扱う音楽によく合う。ピアノの岡田将も好演。」と高く評価されました。

「高橋アキの世界」公演延期のお知らせ

2020 年 3 月 30 日

高橋アキ2020年4月18日(土)14:00から三重県文化会館大ホールで開催予定の「高橋アキの世界」は、このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、下記のとおり公演を延期することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
ご来場を予定していた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

振替公演の日程は、次のとおりです。

■公演日:2021年2月14日(日) 14:00開演(13:30開場)
■会場:三重県文化会館大ホール

すでにお買い求めいただいております4月18日の公演チケットは、そのまま振替公演のチケットとしてお使いいただけます。

また、振替公演へのご来場が難しい方には払い戻しにて対応いたします。払い戻しの際はチケットが必ず必要となりますので、ご紛失にご注意ください。
払い戻し方法および期間に関しましては、チケットの購入方法により異なります。詳細は以下のリンクまたは電話にてご確認およびお問い合わせ下さい。

公演延期およびチケット払い戻しについて
●三重県文化会館事業課 059-233-1112/059-233-1110
●三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122

2020年3月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2020 年 3 月 25 日

カメラータの4月新譜(3月25日発売)は2タイトルです。

CMCD-283711タイトル目は『ブラームス:ピアノ三重奏曲 第2番&第3番/スタンチュール、ヒンク、ドレシャル/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-28371)です。

ウィーン・フィルの元コンサートマスター、ウェルナー・ヒンクとチェロ首席のフリッツ・ドレシャル、ピアノのジャスミンカ・スタンチュールにより始動した、ブラームス:ピアノ三重奏曲の録音が、遂に完結!

このCDでは、彼らによる第2番と、ヒンクとは師弟関係でもあるウィーン・フィルのヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(ヴァイオリン)が、ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(チェロ)、ユリアン・洋・ヘーデンボルク(ピアノ)の兄弟と結成したヘーデンボルク・トリオによる第3番を収録。ウィーンの伝統が息づく演奏をお楽しみください。ブックレットには、ウィーン楽友協会資料室長オットー・ビーバ博士による解説も収録されています。


CMCD-283722タイトル目は『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)です。

「…人間疎外が危機的な状況にあるAI時代の今日、200年前に書いたシューベルトの『自己救済』の処方が、現代最先端の正攻法として弾き出されている。その洞察力は現代音楽に通じた彼女[高橋アキ]の共感力があってはじめて生きたものとなっているのも見過ごせない。」──喜多尾道冬(ブックレットより)

2007年よりスタートした高橋アキのシューベルト・シリーズ第7弾。当盤では、近年その魅力が知られはじめている珠玉の名品「グラーツ幻想曲」等も含む選曲で、作曲家の「歌」の深層を聴かせます。

佐藤祐介ピアノリサイタル 公演延期のお知らせ

2020 年 3 月 4 日

佐藤祐介2020年3月13日(金)18:30から東京オペラシティリサイタルホールで開催予定の「佐藤祐介デビュー15周年記念ピアノリサイタル」は、このたび新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を考慮し、公演を延期することを下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

公演を楽しみにしていただいていた方々には申し訳ございませんが、状況をご理解の上ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

また、すでにお買い求めいただいております3月13日の公演チケットは、そのまま6月11日の公演チケットとしてお使いいただけます。払い戻しご希望の方は、ご購入された各プレイガイドへご連絡くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

振り替え公演の日程は、次のとおりです。

■公演日:2020年6月11日(木) 18:30開演(18:00開場)
  ※三部構成のため開演時間が早くなっております。ご注意下さい。
■会場:東京オペラシティ リサイタルホール
■全席自由:4,000円(当日:4,500円)

プログラムの詳細、およびチケットのご予約に関する情報はこちらのページをご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2020年2月29日新譜のご案内[クラシック/CD]

2020 年 2 月 29 日

CMCD-28370

カメラータの3月新譜(2月29日発売)は『エレメンタル──フルートで探る精霊たちの世界/ザビエル・ラック』(CMCD-28370)です。

数々の世界的オーケストラのフルート奏者として活躍し、神戸女学院大学で後進の指導にもあたるザビエル・ラックとピアニスト岡田将によるCDアルバム第2弾。

「エレメンタル」とは、土の精・水の精・風の精・火の精という四大元素の精霊たち。ドビュッシー、武満徹、ライネッケなどの作曲家たちがフルートの音を使って描き出した精霊たちの世界を、ラックが多彩な音色で豊かに描き出します。

ブックレットにはラック自身による作品解説も掲載されています。

カテーナの最新盤「Fanfare」「MUSICA」誌でも絶賛

2020 年 2 月 10 日

CMCD-28357コスタンティーノ・カテーナの最新盤、『シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集&フモレスケ/シューマン・ピアノ作品集-1』(CMCD-28357)が、アメリカの音楽雑誌『Fanfare』のレヴューページでとりあげられ、Andrew Desiderio氏から「“Three-dimensional poetry”, of “a must that any Schumannian fan should have”, 5 stars」と高く評価されました。

レヴューの全文(英語)はこちらでご覧になれます。


CMCD-28357【2020年3月10日追記】

コスタンティーノ・カテーナの同タイトルが、イタリアの音楽雑誌『MUSICA』(2020年3月号)でも五つ星の高評価を獲得しました。

レヴューの全文(イタリア語)はコスタンティーノ・カテーナのFacebookページでご覧になれます。

佐藤祐介ピアノリサイタル 公演日決定のお知らせ

2020 年 2 月 4 日

佐藤祐介このたびは、2019年12月13日(金)に東京オペラシティ リサイタルホールにて開催を予定しておりました、「佐藤祐介 デビュー15周年記念ピアノリサイタル」公演の延期により、本公演を楽しみにして下さっていたお客様に多大なるご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

延期となりました公演日が下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。

チケットはカメラータ・トウキョウで好評発売中です。イープラスでのチケット取り扱いは2月10日(月)10:00から開始いたします。

■公演日:2020年3月13日(金) 18:30開演(18:00開場)
  ※三部構成のため開演時間が早くなっております。ご注意下さい。
■会場:東京オペラシティ リサイタルホール
■全席自由:4,000円(当日:4,500円)

プログラムの詳細、およびチケットのご予約に関する情報はこちらのページをご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。