2012年4月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

 カメラータの5月新譜(4月25日発売)は2タイトルです。

CMCD-28256 1タイトル目は『シューベルト:ピアノ・ソナタ D.850&さすらい人幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28256)です。高橋アキによるシューベルト・シリーズ第3弾がついに完成しました。本アルバムでは難曲「さすらい人幻想曲」、そして大曲「ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 D.850」を収録。「さすらい人幻想曲」は、その難しさゆえにシューベルト自身もあるとき途中で弾けなくなり「こんな曲は悪魔にでも弾かせろ!」と叫んだ、という逸話が残されています。この2つの大曲を、高橋アキは音楽と一体となりながら演奏し、作品への深い理解と共感をもってあらたなシューベルトの世界を提示しています。
 24 bit/176.4 kHzによる高解像度マスター音源をダイレクトにカッティングする最新技術《HRカッティング》による超高音質盤としても要注目のタイトルです。

CMCD-28257 2タイトル目は『一柳 慧:交響曲 第8番─リヴェレーション2011 室内オーケストラ版』(CMCD-28257)です。作曲家、一柳慧の新作であり、東日本大震災を機に創作された交響曲第8番「リヴェレーション2011」。一柳は「西欧文明の普及によって葬り去られ、忘れられつつある古来からの特異性の上に育まれてきた日本固有の考え方や、生きるための知恵や経験を、これからどう受け継ぎ、再生させてゆけるか」、と自問しながら書き上げたと語っています。自然、文明、人間の共存を考えさせる黙示録(リヴェレーション)的作品により、一柳慧の新しい音楽的境地が開かれます。

タグ: , ,