‘高橋アキ’ タグのついている投稿

『サライ』にて高橋アキの最新盤が紹介されました

2021 年 1 月 12 日 火曜日

SeraiCMCD-28375雑誌『サライ』最新号(2021年2月/小学館)の「今月の推薦盤」コーナーにて、高橋アキ『高橋アキ プレイズ エリック・サティ-4』(CMCD-28375)が紹介されました。

誌面では林田直樹氏から、「何というたっぷりとした美しい音、しゃれた皮肉の効いた表情だろう。(中略)音楽評論家の故・秋山邦晴による充実した解説と、優しい言葉による訳詞と朗読によって、サティへの理解も一層深まる。」と高く評価されました。

また、同アルバムは2020年12月17日発刊の朝日新聞夕刊、「for your Collection」コーナーでも紹介され、「サティの玩具(おもちゃ)箱から飛び出す多彩な小品を、洞察と愛に満ちた演奏で。カテーナとの当意即妙の連弾もあれば、高橋自身による朗読も。大人の心を開放する遊び場だ。」と評されました。

高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2020 年 12 月 21 日 月曜日

CMCD-2837511月25日に発売された高橋アキの最新アルバム『高橋アキ プレイズ エリック・サティ-4』(CMCD-28375)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2021年1月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では濱田滋郎氏から、「故・秋山邦晴氏の解説文──高橋アキが監修・一部改訂したという──に読む解釈はとても面白く参考になる。(中略)連弾曲においてもサティ独特のおもしろさと味わいは明白に示され、心得た演奏のもと、聴き甲斐が豊かだ。」と評され、那須田務氏からは、「『子供の音楽集』は高橋アキのナレーション付き。今の高橋アキの声が聴けるのもポイント。その演奏は芳醇なタッチと大らかな表現で子供好きだったサティの優しいまなざしが感じられる。筆者の今月のベスト3の1枚。」と評されました。

また録音評でも、「演奏者の演奏する楽しさが聴き手に伝わってくる温かい雰囲気が感じ取れる録音である。」と常盤清氏から評されました。

2020年11月25,30日新譜のご案内[クラシック/CD]

2020 年 11 月 25 日 水曜日

カメラータの12月新譜(11月25,30日発売)は3タイトルです。


CMCD-283751タイトル目は『高橋アキ プレイズ エリック・サティ-4』(CMCD-28375/11月25日発売)です。

サティ演奏の第一人者、高橋アキによるピアノ作品録音プロジェクトの第4弾は、イタリアの名手コスタンティーノ・カテーナを共演者に迎えて、4手連弾6作品と、「子供の音楽集」「新・子供の音楽集」を収録しました。

「子供の音楽集」では、サティが楽譜に記した「詩的なおはなし」を、高橋アキがピアノ演奏とともに朗読しているのも聴き逃せません。

ブックレットには秋山邦晴による詳細な曲目解説、訳詞も掲載。サティ・ファン必携のアルバムです。


CMCD-283762タイトル目は『ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲/岡田博美』(CMCD-28376/11月30日発売)です。

変わらぬ卓越した技巧に円熟した味わいを加え、巨匠の域への到達を感じさせるピアニスト岡田博美。近年の岡田の進境を示すロマン派の主要レパートリーの演奏を収めたアルバムが完成しました。

「他の追随を許さない絶対的な名演」と称賛され続けるブラームス「パガニーニの主題による変奏曲」は、ファン待望の1曲。シューマン「子供の情景」の暖かみのあるポエジーと内省性、「クライスレリアーナ」の激しいパッションと全体の構築性など、聴き応えある1枚となっています。


CMCD-283783タイトル目は『供養の碑 峰崎勾当/福森文子、三橋貴風』(CMCD-28378/11月25日発売)です。

人類の歴史とは将に戦(いくさ)と疫病(やまい)との闘いであったといえるのではないでしょうか? その原因が人為的でありなしにかかわらず、人間はその渦中での盛衰を無限に繰り返して参りました。仏教の宇宙観における輪廻の思想も、地球上でのこの現実により育まれてきたのでしょう。輪廻の大前提にあるもの、それが“供養の心”であり、新しい世界への希望を念じつつ、万物に対しての御供養を“音”に込めさせていただきました。[三橋貴風]

多くの人々がいまだ消えぬ不安を抱えている2020年に、現在の地歌界を代表する福森文子と尺八界を代表する三橋貴風が捧げる、“音による供養”です。

高橋アキ/ピアノリサイタル2020 当日券販売につきまして

2020 年 11 月 12 日 木曜日

高橋アキ本日11月12日(木)、豊洲シビックセンターホールにて開催される「高橋アキ/ピアノリサイタル2020」の当日券は、18時より会場で販売いたします。座席は全自由席で4,000円(税込)、18:15開場/19:00開演です。

会場への公共交通機関でのアクセスは、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅7番出口より徒歩1分、または新交通ゆりかもめ「豊洲」駅から直結している豊洲シビックセンター内のエレベーターで5階までお上がり下さい。

バスおよびお車でご来場される方は、以下のアクセス情報をご参照下さい。

豊洲シビックセンターホール アクセス情報
〒135-0061 東京都江東区豊洲2-2-18
豊洲シビックセンター内5階
TEL:03-3536-5061

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

高橋アキ ピアノリサイタル2020 チケット販売開始のお知らせ

2020 年 9 月 28 日 月曜日

高橋アキ2020年11月12日(木)、豊洲シビックセンターホールにて開催される「高橋アキ/ピアノリサイタル2020」のチケット先行販売を開始いたしました。チケットは弊社ホームページおよび電話(03-5790-5560/平日10:00〜18:00)にて好評受付中です。弊社にてご注文いただきましたチケットは、10月5日以降順次発送予定です。

また、イープラスでのチケット取り扱いは10月1日(木)10:00から開始いたします。

高橋アキ/ピアノリサイタル2020
■公演日:2020年11月12日(木) 19:00開演(18:15開場)
■会場:豊洲シビックセンターホール
■全席自由:4,000円

※本公演は「公益財団法人江東区文化コミュニティ財団管理運営施設における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づき、ソーシャルディスタンスの確保、手指消毒、換気の徹底といった対策を行った上で実施いたします。ご来場のお客様のご協力をお願い申し上げます。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

タワレコ『Intoxicate』にて高橋アキの最新盤が紹介されました

2020 年 8 月 21 日 金曜日

CMCD-28372タワーレコードが発行するフリー・マガジン、『Intoxicate』最新号(vol.147/8月20日発行)の「クラシックな人々」コーナーにて、高橋アキ『シューベルト:グラーツ幻想曲』(CMCD-28372)が紹介されました。

誌面では俵孝太郎氏から、「本格録音の新譜、高橋アキのシューベルトの7作目、ことに『グラーツ幻想曲』も、今年前半の内外のピアノのCDの中で抜群の出来と思う。」と高く評価されました。

オンエア情報:高橋アキ NHK名曲アルバム

2020 年 7 月 6 日 月曜日

高橋アキNHK「名曲アルバム」
※同番組のために新収録された演奏で放送されます

【放送日】
2020年7月11日(土)14:50 総合
2020年7月12日(日)04:20 総合
2020年7月17日(金)05:55 BSプレミアム
2020年7月19日(日)04:20 総合
2020年7月24日(金)10:55 Eテレ
2020年7月27日(月)10:50 Eテレ
2020年7月30日(木)13:50 Eテレ
※NHKプラスでも配信されます

【曲目】
サティ:ノクチュルヌ 第2番/第5番

【演奏】
高橋アキ(ピアノ)

※放送日や内容については、予告なく変更になることがございます。あしからずご了承ください。

高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2020 年 5 月 20 日 水曜日

CMCD-28372 3月25日に発売されたCD『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2020年6月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では濱田滋郎氏から、「(高橋アキのシューベルト・シリーズは)本当に、素晴らしい、の一語に尽きる。(中略)このような名演で味わえるのだから、このアルバムもまた、宝物に属する。きっと、広く、長く聴かれよう。」と評され、那須田務氏からは、「ブリリアントで豪奢で厚みのある響きではなく、余計な響きを制御することでテクスチュアの透明度を保ち、楽曲の構造が明快に示される。(ヒュッテンブレンナー変奏曲は)抑制が効いているからこそ、悲しみはいっそう聴き手の心に沁み込んできて、しみじみいい曲だなあと思えるのだ。」と評されました。

同アルバムは「優秀録音」コーナーでも取り上げられ、常盤清氏から「(本アルバムを含め)それら多くの商品が皆後世に残る優秀作品であると私は感じている(中略)どの商品も鑑賞音楽としての極めて高い音楽性を演奏者から見事に引き出し、そのままメディア上で表現していることが,優秀録音の背景になっているのは明白である。」と評されました。

また、同アルバムはWebマガジン「ONTOMO」「林田直樹のミニ音楽雑記帳」コーナーでも紹介されています。上記のリンク先をぜひご覧ください。

高橋アキの新譜が朝日新聞で紹介されました

2020 年 4 月 18 日 土曜日

CMCD-283724月16日発刊の朝日新聞夕刊「For Your Collection」コーナー ※で、高橋アキの最新盤『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)が紹介されました。

紙面では金澤正剛氏から「実に淡々と、ごく自然体で弾かれるシューベルト。(中略)日常生活の一部としての音楽。そこにこそ真の心の安らぎがある。」と評されました。

(※現在、朝日新聞デジタル無料会員に登録されている方は有料記事を本数制限なくお読みいただけます。)

「高橋アキの世界」公演延期のお知らせ

2020 年 3 月 30 日 月曜日

高橋アキ2020年4月18日(土)14:00から三重県文化会館大ホールで開催予定の「高橋アキの世界」は、このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、下記のとおり公演を延期することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
ご来場を予定していた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

振替公演の日程は、次のとおりです。

■公演日:2021年2月14日(日) 14:00開演(13:30開場)
■会場:三重県文化会館大ホール

すでにお買い求めいただいております4月18日の公演チケットは、そのまま振替公演のチケットとしてお使いいただけます。

また、振替公演へのご来場が難しい方には払い戻しにて対応いたします。払い戻しの際はチケットが必ず必要となりますので、ご紛失にご注意ください。
払い戻し方法および期間に関しましては、チケットの購入方法により異なります。詳細は以下のリンクまたは電話にてご確認およびお問い合わせ下さい。

公演延期およびチケット払い戻しについて
●三重県文化会館事業課 059-233-1112/059-233-1110
●三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122