‘高橋アキ’ タグのついている投稿

タワレコ『Intoxicate』にて高橋アキの最新盤が紹介されました

2020 年 8 月 21 日 金曜日

CMCD-28372タワーレコードが発行するフリー・マガジン、『Intoxicate』最新号(vol.147/8月20日発行)の「クラシックな人々」コーナーにて、高橋アキ『シューベルト:グラーツ幻想曲』(CMCD-28372)が紹介されました。

誌面では俵孝太郎氏から、「本格録音の新譜、高橋アキのシューベルトの7作目、ことに『グラーツ幻想曲』も、今年前半の内外のピアノのCDの中で抜群の出来と思う。」と高く評価されました。

オンエア情報:高橋アキ NHK名曲アルバム

2020 年 7 月 6 日 月曜日

高橋アキNHK「名曲アルバム」
※同番組のために新収録された演奏で放送されます

【放送日】
2020年7月11日(土)14:50 総合
2020年7月12日(日)04:20 総合
2020年7月17日(金)05:55 BSプレミアム
2020年7月19日(日)04:20 総合
2020年7月24日(金)10:55 Eテレ
2020年7月27日(月)10:50 Eテレ
2020年7月30日(木)13:50 Eテレ
※NHKプラスでも配信されます

【曲目】
サティ:ノクチュルヌ 第2番/第5番

【演奏】
高橋アキ(ピアノ)

※放送日や内容については、予告なく変更になることがございます。あしからずご了承ください。

高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2020 年 5 月 20 日 水曜日

CMCD-28372 3月25日に発売されたCD『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2020年6月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では濱田滋郎氏から、「(高橋アキのシューベルト・シリーズは)本当に、素晴らしい、の一語に尽きる。(中略)このような名演で味わえるのだから、このアルバムもまた、宝物に属する。きっと、広く、長く聴かれよう。」と評され、那須田務氏からは、「ブリリアントで豪奢で厚みのある響きではなく、余計な響きを制御することでテクスチュアの透明度を保ち、楽曲の構造が明快に示される。(ヒュッテンブレンナー変奏曲は)抑制が効いているからこそ、悲しみはいっそう聴き手の心に沁み込んできて、しみじみいい曲だなあと思えるのだ。」と評されました。

同アルバムは「優秀録音」コーナーでも取り上げられ、常盤清氏から「(本アルバムを含め)それら多くの商品が皆後世に残る優秀作品であると私は感じている(中略)どの商品も鑑賞音楽としての極めて高い音楽性を演奏者から見事に引き出し、そのままメディア上で表現していることが,優秀録音の背景になっているのは明白である。」と評されました。

また、同アルバムはWebマガジン「ONTOMO」「林田直樹のミニ音楽雑記帳」コーナーでも紹介されています。上記のリンク先をぜひご覧ください。

高橋アキの新譜が朝日新聞で紹介されました

2020 年 4 月 18 日 土曜日

CMCD-283724月16日発刊の朝日新聞夕刊「For Your Collection」コーナー ※で、高橋アキの最新盤『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)が紹介されました。

紙面では金澤正剛氏から「実に淡々と、ごく自然体で弾かれるシューベルト。(中略)日常生活の一部としての音楽。そこにこそ真の心の安らぎがある。」と評されました。

(※現在、朝日新聞デジタル無料会員に登録されている方は有料記事を本数制限なくお読みいただけます。)

「高橋アキの世界」公演延期のお知らせ

2020 年 3 月 30 日 月曜日

高橋アキ2020年4月18日(土)14:00から三重県文化会館大ホールで開催予定の「高橋アキの世界」は、このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、下記のとおり公演を延期することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
ご来場を予定していた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

振替公演の日程は、次のとおりです。

■公演日:2021年2月14日(日) 14:00開演(13:30開場)
■会場:三重県文化会館大ホール

すでにお買い求めいただいております4月18日の公演チケットは、そのまま振替公演のチケットとしてお使いいただけます。

また、振替公演へのご来場が難しい方には払い戻しにて対応いたします。払い戻しの際はチケットが必ず必要となりますので、ご紛失にご注意ください。
払い戻し方法および期間に関しましては、チケットの購入方法により異なります。詳細は以下のリンクまたは電話にてご確認およびお問い合わせ下さい。

公演延期およびチケット払い戻しについて
●三重県文化会館事業課 059-233-1112/059-233-1110
●三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122

2019年8月31日新譜のご案内[クラシック/CD]

2019 年 8 月 31 日 土曜日

カメラータの9月新譜(8月31日発売)は2タイトルです。

CMCD-283661タイトル目は『マデルナ:甘い夢〜20世紀のフルート音楽/カール=ハインツ・シュッツ』(CMCD-28366)です。

「シュッツは、どの作品でも彼の持つ暖かい音色を失うことなく、雄弁に聴かせてくれる。彼の手によって、難解と思われていた現代音楽が、愛すべきクラシック音楽のレパートリーになったと言っても過言ではないだろう」──佐伯茂樹(CDブックレットより)

ウィーン・フィル首席奏者でソリストとしても活躍するカール=ハインツ・シュッツが、20世紀のフルート名作を収録。実演では現代曲も積極的に採り上げ各方面で高く評価されている彼が、ブルーノ・カニーノ高橋アキなど共演者にも名手たちを得て、現代の銘品を鮮やかに描き出します。


CMCD-250452タイトル目は『ドビュッシー:ピアノと管弦楽のための幻想曲/遠山慶子、ドビュッシーを弾く』(CMCD-25045)です。

2019年に40周年を迎えた草津夏期国際アカデミー&フェスティヴァル(通称・草津音楽祭)に、講師、演奏家として計り知れない貢献と名演を積み重ねてきたピアニスト、遠山慶子。記憶に深く刻まれた数々の公演の中からドビュッシー作品の演奏を採り上げ、1985年(第6回)の「チェロ・ソナタ」での巨匠ピエール・フルニエとの共演、1993年(第14回)の「幻想曲」日本初演、そして2018年(第39回)のソロ作品をお届けいたします。

草津音楽祭の40周年を祝う特別リリースです。

高橋アキの新譜が朝日新聞で紹介されました

2019 年 8 月 22 日 木曜日

CMCD-99086本日(8月22日)発刊の朝日新聞夕刊で、高橋アキのインタビューと共に、最新アルバムの『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために』(CMCD-99086)が紹介されました。

2007年に録音されたものの、諸事情により日の目を見ることのなかった同アルバムが発売に至った経緯や、「聴く人の意識の深層にまで入ってくる。こういう音楽はそれまで存在した事がなかった。推理小説に没入するようで、あるいは永遠へとつながっていくようで。弾き終わるのが怖くなる」といった高橋アキのコメントも印象的な記事となっています。

高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2019 年 7 月 22 日 月曜日

CMCD-990865月31日に発売されたCD『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために/高橋アキ』(CMCD-99086)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2019年8月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「こことあそこに関連があるから、といった聴き方を常に白紙に近く無効化し、どうやって聴けばよいのかという不断の問いを差し出しながら、宙吊りにされた回答のなかで、音楽は引きずるものなどないままにきらりとしたタッチでただただ進んで行く。美しい演奏だ」と評され、白石美雪氏からは、「作曲家の意識と聴き手の意識が音を介して溶け合う感覚を覚えるのは、高橋アキのレアリゼーションがあってのことだ。どうしてこれほど絶妙なタッチと強弱法で、1時間を超える演奏を律することができるのか。その技術と精神力には脱帽だ」と評されました。

『レコード芸術』で高橋アキの最新盤が取り上げられました

2019 年 6 月 20 日 木曜日

CMCD-99086『レコード芸術』最新刊(2019年7月号)の「先取り! 最新盤レヴュー」のコーナーにて、高橋アキの最新盤、『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために』(CMCD-99086)が取り上げられました。

誌面では矢澤孝樹氏から、「高橋アキは『驚異の鏡』である。演奏家の恣意を捨象しつつ、限りなく完璧な再現/再創造で作品の意図を映し出すことができる。フェルドマンのような音楽に求められる、演奏者が恣意を取り去って臨み、かつその恐るべき時間と空間の拡張を表現する上で、かくもふさわしい弾き手がいるだろうか」等と評されました。

2019年5月31日新譜のご案内[クラシック/CD]

2019 年 5 月 31 日 金曜日

CMCD-99086カメラータの6月新譜(5月31日発売)は『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために/高橋アキ』(CMCD-99086)です。

フェルドマン=高橋アキの「音=沈黙」はわたしたちのイマジナリーの連鎖をどこまでも広げてゆく、いわば奥深い宇宙力を秘めている。
――喜多尾道冬(ブックレットより)

聴く者に人生観、世界観までも一変させるほどの感銘を与え、初演時には、作曲家自身の心をも深く動かした、高橋アキによるフェルドマン晩年の宇宙的大作「バニータ・マーカスのために」。長くその存在が知られていた高橋によるセッション録音が、ついにリリース! ブックレットには、喜多尾道冬、ジェイムズ・プリチェットによる解説、高橋が初演時のエピソードを綴ったエッセイも収録しました。