‘白石敬子’ タグのついている投稿

2017年12月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2017 年 12 月 25 日 月曜日

 カメラータの1月新譜(12月25日発売)は2タイトルです。

CMCD-28355 1タイトル目は『テレマン:小室内楽曲集(6つのパルティータ)/トーマス・インデアミューレ、クラウディオ・ブリツィ』(CMCD-28355)です。
 『無伴奏オーボエのための12の幻想曲』での秀演が記憶に新しい名手トーマス・インデアミューレの次なるテレマン・アルバムは、オーボエ奏者のために書かれた「小室内楽曲集(6つのパルティータ)」。名パートナー、クラウディオ・ブリツィを共演者に迎え、クラヴィオルガンとのデュオで、色彩豊かでヴァラエティに富む名作の魅力を存分に伝えます。音楽家のリファレンスともなる高い資料的価値をもちながらも、演奏を聴く楽しみに心躍る、本作品の決定盤です。

CMCD-99085 2タイトル目は『白石敬子リサイタル 2017 ─デビュー50周年記念─』(CMCD-99085)です。
 「白石さんが綿密に追求し続けたその歌唱は、どんどん声の芸術の奥義とも言える高い表現力を持つようになった。(中略)2017年のリサイタルは、その極みであり、彼女の自由で明快な歌唱の頂点に来たことを示す素晴らしいコンサートであった」
(プロデューサー:井阪紘/CDブックレットより)
 日本人初のウィーン国立歌劇場専属歌手、白石敬子のデビュー50周年を記念し、2017年10月に東京・紀尾井ホールで行われたリサイタルのライヴ盤が早くも登場。シューベルト、シュトラウス、ブラームス、ヴォルフの歌曲から日本歌曲、そして万感の思いをこめて歌われる「ウィーン、わが夢の街」。歌と共に歩んだ白石の50年を収めたアルバムです。

2017年6月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2017 年 6 月 25 日 日曜日

CMBK-30005 カメラータの7月新譜(6月25日発売)は『【CDブック】ウィーン わが故郷(ふるさと)の街/白石敬子・白石隆生=共著』(CMBK-30005)です。
 日本初のウィーン国立歌劇場専属歌手・白石敬子(ソプラノ)が、デビュー50周年を機に、ウィーンでの研鑽、演奏生活、世界的演奏家との交流、日本での活動から近年の闘病までを数々の写真とともに綴った自伝的エッセーと、妻を支え半世紀をともに活動したピアニスト白石隆生による、往年のウィーン名歌手へのインタヴュー記事4編を所収したブックを、貴重な未発売記録音源を含む2人の演奏を収録したCDとセットにしたCDブックです。

アンコール情報:白石敬子

2012 年 10 月 22 日 月曜日

10月21日(日)に東京文化会館 小ホールで行われました白石敬子 ソプラノ・リサイタルは、おかげさまで多くのお客様にお越しいただき、大盛況のうちに終了いたしました。ご来場されたお客様、誠にありがとうございました。
当日のアンコール曲は以下の通りです。

●H.ヴォルフ:メーリケ歌曲集より 第28曲「祈り」
●成田為三/林 古渓:浜辺の歌
●R.シュトラウス:献呈 作品10-1