‘松居直美’ タグのついている投稿

2017年12月1日新譜のご案内[クラシック/CD]

2017 年 12 月 1 日 金曜日

CMCD-28347 カメラータの12月新譜(12月1日発売)は『北ドイツ楽派のコラールファンタジー/松居直美』(CMCD-28347)です。
 前作『J.S.バッハ:ライプツィヒ・コラール集』から4年、日本を代表するオルガンの第一人者、松居直美の最新録音は、ドイツ・シュターデのコスマエ教会にある17世紀建造の歴史的銘器を用い、バッハに至るオルガン芸術黄金期を築いた北ドイツ楽派の6人の作曲家による「コラール・ファンタジア」集です。
 なお当アルバムでは、高音質で定評ある「UHQCD」(Ultimate Hi Quality CD)を初採用しました。UHQCDはCD規格に準拠しており、CDと同様に既存のCDプレーヤーで再生するだけで高音質が楽しめます。
 マスター音源に収められたオルガン銘器の響きを余すところなくお楽しみください。

松居直美のCDが芸術祭レコード部門優秀賞を受賞

2013 年 12 月 26 日 木曜日

CMCD-15135〜6 11月25日にリリースされた『J.S.バッハ:ライプツィヒ・コラール集 BWV651−668a/松居直美』(CMCD-15135〜6)が、平成25年度(第68回)文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に輝きました。

 受賞理由として、「バッハ時代に建造され、オリジナルに近い状態に保たれている歴史的楽器を用いた録音。コラールの内容解釈に裏付けられた端正な演奏は、絶妙な音栓配合とテンポにより各声部が生き生きと歌う様子がクリアーに聴き取れ、バランスのとれた自然な録音とあいまって、地味に思われがちなこの作品集の真価を改めて認識させてくれる。」と、高い評価をいただきました。

 世界的な活躍を続ける名手、松居直美の円熟の妙技がつまったCDは好評発売中です。

2013年11月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2013 年 11 月 25 日 月曜日

カメラータの12月新譜(11月25日発売)は4タイトルです。

CMCD-28293 1タイトル目は『ショパン&シューマン:ピアノ協奏曲集~6人のオルガン奏者による伴奏版/クラウディオ・ブリツィ、岡田博美、コスタンティーノ・カテーナ 他』(CMCD-28293)です。
 イタリアのトラーパニにあるサン・ピエトロ教会には、3台のマニュアル(演奏台)を有するたいへん珍しいオルガンがあります。本タイトルでは1台の演奏台にそれぞれ2人の奏者が配され、奇才クラウディオ・ブリツィを中心とした計6名のオルガニストが同時に演奏し、オーケストラ・パートを奏でます。ソリストは日本を代表する名手、岡田博美とイタリアを中心に活躍するコスタンティーノ・カテーナ。オルガンと同じ年につくられた1847年製エラールの優雅な音色を存分に聴かせます。
 世界初録音、世にふたつとない必聴盤です。

CMCD-28292 2タイトル目は『プーランク:ピアノのための作品集 III/碇山典子』(CMCD-28292)です。
 今年2013年はプーランク没後50年の記念年。その最後を飾るにふさわしい碇山典子によるプーランクのピアノ・ソロ作品集 第3弾がリリースされました。完結盤となる本作でも、前作と同様に難曲の数々を、フランスで学んだ碇山ならではのエスプリ溢れる演奏で聴き手を魅了します。プーランクの作品の魅力を再認識できる必聴のアルバムに仕上がりました。

CMCD-15135〜6 3タイトル目は『J.S.バッハ:ライプツィヒ・コラール集 BWV651−668a/松居直美』(CMCD-15135〜6)です。
 バッハのオルガン作品に取り組むうえで欠くことのできない重要な作品『ライプツィヒ・コラール』。2年前に『ライプツィヒ時代のバッハ』で後期のオルガン作品集をリリースした松居直美が、遂に「ライプツィヒ・コラール」に取り組みました。収録を行なった北ドイツの古都ゴスラーの聖ゲオルク参事会教会にあるオルガンは、バッハとほぼ同年代であるクリストフ・トロイトマンが1737年に設置した、42のストップ、3つの手鍵盤とペダルを持つ大がかりなもので、バッハがこの時期ライプツィヒを中心に活動をしていたこともあり、本作を収録するのにふたつとない楽器であるといえます。
 荘厳に響きわたるオルガンの音をあますところなく捉えた録音にもご注目ください。

CMCD-28290 4タイトル目は『いずみシンフォニエッタ大阪 プレイズ 西村 朗/沈黙の声【西村 朗 作品集 17】』(CMCD-28290)です。
 最初に収録されている〈耿〉は、私の処女作で16歳時(1970年)のもの。それに続く〈沈黙の声〉は2013年の最近作なので、両曲の作曲には43年の時間的な隔たりがある。その間には大きな変化があったように思っていたが、近親性は明らかなようにも感じられる。〈小交響曲〉は、自分の作品群の中では特異なものと言える。全体がベートーヴェンの8番までの交響曲の全楽章からの引用とその変形で成っている。一種のディヴェルティメント。偉大な交響曲群をかように圧縮変造し恐縮のいたりだが、ベートーヴェンの深く大きな懐で遊ばせてもらうような、贅沢で楽しい体験となった。……[西村朗/ブックレットより]
 2013年2月と2007年12月、いずみシンフォニエッタ大阪の本拠地で行われたコンサートをライヴ収録した西村朗の最新作。待望の登場です。

レコーディング・ニュース(2012年6月/ドイツ)

2012 年 10 月 25 日 木曜日

バッハ:18のコラール集
2012年6月26~29日/ゴスラー(ドイツ)

 バッハのオルガン作品を連続して録り続けている松居直美の最新録音は、6月26日から29日までの4日間、南ドイツはハノーヴァーから100Kmほど東南に行った、世界文化遺産の街でも知られるゴスラー(Goslar)の郊外のStiftskirche St. Georg Grauhofという教会で行なわれた。
(さらに…)

2012年3〜4月新譜のご案内[HQMストア高音質配信]

2012 年 4 月 10 日 火曜日

 リッチなサウンド・コンテンツを扱いやすいDRMフリーで配信し、ハイエンド・オーディオ・ファンからPCで音楽を楽しむリスナーまで、各方面から注目を集めている高音質音楽データ配信サービス。第56回配信が3月26日から、第59回配信が今日4月10日より開始されました。
 クラリネットの巨匠カール・ライスターの75歳を記念した最新作、知られざる作曲家アルフレッド・グリュンフェルトのピアノ作品を集めたドリス・アダムの話題作、壮麗なニーダロス大聖堂のオルガンのサウンドをとらえた松居直美のバッハ、惜しまれつつも急逝したウィーン・フィルのギュンター・フォーグルマイヤーによるカメラータ・デビュー作にして最後のアルバム、マリンバ・カルテットの可能性を追求する新鋭マリンバ・カルテット“TONES”によるデビュー作……と、バラエティーに富んだ5作品がお楽しみいただけます。
HQMD-10027HQMD-10029HQMD-10030HQMD-10031HQCA-60001

《第56回配信(2012年3月26日配信開始)》
メンデルスゾーン:コンツェルトシュテュック〜2本のクラリネットのための作品集/
 カール・ライスター
(HQMD-10027)
グリュンフェルト:華麗なるピアノ作品集 II/ドリス・アダム(HQMD-10029)
ライプツィヒ時代のバッハ〜後期オルガン作品集/松居直美(HQMD-10030

《第59回配信(2012年4月10日配信開始)》
Dedicated to Piccolo〜ラスト・レコーディング/
 ギュンター・フォーグルマイヤー、シュテファン・メンドル
(HQMD-10031)
FOUR MARIMBAS/マリンバカルテット“TONES”(HQCA-60001)
■その他、配信中のタイトルは「HQMストア」でご案内しています。http://www01.hqm-store.com