‘小川和隆’ タグのついている投稿

高橋アキ、崎元讓&小川和隆のアルバムが『レコード芸術』特選盤に

2017 年 10 月 24 日 火曜日

 9月に発売されたCD、『シューベルト:3つのピアノ曲 D.946、幻想曲 D.940〜最晩年のピアノ作品集/高橋アキ』(CMCD-28346)と『優しき玩具〜ハーモニカとギターの作品集/崎元讓&小川和隆』(CMCD-28350)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2017年11月号)で【特選盤】に選出されました。

CMCD-28346 『シューベルト:3つのピアノ曲 D.946、幻想曲 D.940〜最晩年のピアノ作品集』は、濱田滋郎氏から「(コスタンティーノ・カテーナとの)聴きもののデュオは、多感な名作《幻想曲》ヘ短調で、申し分ない」と評され、那須田務氏からは「高橋アキはソナタなどの構築的な曲もいいが、このような小品の方により一層、自然に彼女本来の持ち味が発揮されるように思う」と評されました。

CMCD-28350 『優しき玩具〜ハーモニカとギターの作品集』は、濱田滋郎氏から「当ディスクは吉松作品のみならず、日本人作曲家による聴くべき作品を多く採ってるのが特色で(中略)これは世界に向けて発信すべき内容のCDだと思う」「崎元の確固たる名人芸に加え、小川のギターも非常な好演と言える」と評され、濱田三彦氏からは「ここに展開されるのはまさにこの(ハーモニカとギターの)2つの楽器でありながらさらに広く深く、美しい世界である」「10弦ギターの小川の編曲術もみごと」と評されました。

2017年9月10日新譜のご案内[クラシック/CD]

2017 年 9 月 10 日 日曜日

CMCD-28350 カメラータの9月新譜(9月10日発売)は『優しき玩具〜ハーモニカとギターの作品集/崎元讓&小川和隆』(CMCD-28350)です。
 2017年に音楽家生活50周年を迎えた、日本を代表するハーモニカ奏者・崎元讓。50周年を機に企画された記念CDアルバム第1弾は、十弦ギターの名手・小川和隆との共演盤。菅原明朗、林光、三宅榛名、吉松隆といった日本の錚々たる作曲家たちが崎元のために書いたオリジナルと、小川の名編曲による作品を中心に全18曲を収録しました。相性のよい2つの楽器によるデュオの魅力を、情熱と技術、高い音楽性をもつ名手たちの共演でお楽しみください。

 なお、現在発売中の『現代ギター』(2017年9月号/No.646)誌のワンコーナー、「Jiro’s Bar〜濱田滋郎対談」で、崎元讓と小川和隆の記事が掲載されています。ハーモニカの歴史から、ギターの名手・芳志戸幹雄氏の思い出、そして今回のニューアルバムの話まで、大変興味深いインタビューとなっています。

 また、崎元讓の音楽家生活50周年を記念し、来たる10月15日(日)に東京文化会館 小ホールにて、「崎元讓音楽家生活50周年記念 ファンタスティック・ハーモニカ」が開催されます。演奏会の詳細およびチケット等の情報は弊社のコンサートのページをご覧ください。