高橋アキ、崎元讓&小川和隆のアルバムが『レコード芸術』特選盤に

 9月に発売されたCD、『シューベルト:3つのピアノ曲 D.946、幻想曲 D.940〜最晩年のピアノ作品集/高橋アキ』(CMCD-28346)と『優しき玩具〜ハーモニカとギターの作品集/崎元讓&小川和隆』(CMCD-28350)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2017年11月号)で【特選盤】に選出されました。

CMCD-28346 『シューベルト:3つのピアノ曲 D.946、幻想曲 D.940〜最晩年のピアノ作品集』は、濱田滋郎氏から「(コスタンティーノ・カテーナとの)聴きもののデュオは、多感な名作《幻想曲》ヘ短調で、申し分ない」と評され、那須田務氏からは「高橋アキはソナタなどの構築的な曲もいいが、このような小品の方により一層、自然に彼女本来の持ち味が発揮されるように思う」と評されました。

CMCD-28350 『優しき玩具〜ハーモニカとギターの作品集』は、濱田滋郎氏から「当ディスクは吉松作品のみならず、日本人作曲家による聴くべき作品を多く採ってるのが特色で(中略)これは世界に向けて発信すべき内容のCDだと思う」「崎元の確固たる名人芸に加え、小川のギターも非常な好演と言える」と評され、濱田三彦氏からは「ここに展開されるのはまさにこの(ハーモニカとギターの)2つの楽器でありながらさらに広く深く、美しい世界である」「10弦ギターの小川の編曲術もみごと」と評されました。

タグ: , , , ,