‘レコード芸術’ タグのついている投稿

飯野明日香の最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2020 年 6 月 19 日 金曜日

CMCD-28373 4月25日に発売されたCD『和の歌─日本の歌によるピアノ作品集/飯野明日香』(CMCD-28373)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2020年7月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「なんとも楽しい現代作品集だ。(中略)日本の『うた』を主題やモティーフにしたメタモルフォーズ作品がずらりと並ぶ。若手を中心にした作曲家たちが各自趣向を凝らしてチャレンジしているのが楽しい。」と評され、白石美雪氏からは、「さすがは才能ある若手作曲家たちである。日本の歌に基づく曲という条件をふまえつつ、わずか3分から7分程度の中で閃きをみせ、ひねりを利かせた変化球を投げてくる。(中略)ぱきぱきと小気味よいリズムから無機質な音、夢想的なメロディなど、多彩な曲に命を吹き込んだ飯野の音楽性がすばらしい。」と評されました。

また、同アルバムは『モーストリー・クラシック』誌(2020年8月号)でも、「原曲の路線をあえて引っ張るもの、自分の創作の脈絡に乗せるもの、いずれもハズレなし。」(長木誠司氏)と評され、『Stereo』誌(2020年7月号)の「今月の優秀録音盤」コーナーでは、「SNの高い透明度と解像度が明瞭で、きれいにコントラストのはっきりとした一級のサウンドで描かれている。」(福田雅光氏)と、オーディオ的な観点からも高く評価されました。

ハインリヒ・ブルックナーの最新盤が『レコード芸術』準特選盤に

2020 年 6 月 19 日 金曜日

CMCD-28369 4月25日に発売されたCD『ラッパは鳴り響き/ハインリヒ・ブルックナー』(CMCD-28369)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2020年7月号)で【準特選盤】に選出されました。

誌面では岡部真一郎氏から、「(L.モーツァルトの協奏曲は)アダージョ楽章の歌はもとより、アレグロの輝かしさこそ、このトランペット奏者の美質の結晶とも見える。(他の作品も)ブルックナーは持てるものを存分に発揮し、表現の幅、奥行きを聴き手に印象付けている。」と評され、相場ひろ氏からは、「朗々とした音色の持ち主であるブルックナーは。単純に音色を誇るでなく、硬軟の交替をよく音に盛り込んで、変化に富んだ独奏を聴かせてくれる。」と評されました。

高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2020 年 5 月 20 日 水曜日

CMCD-28372 3月25日に発売されたCD『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2020年6月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では濱田滋郎氏から、「(高橋アキのシューベルト・シリーズは)本当に、素晴らしい、の一語に尽きる。(中略)このような名演で味わえるのだから、このアルバムもまた、宝物に属する。きっと、広く、長く聴かれよう。」と評され、那須田務氏からは、「ブリリアントで豪奢で厚みのある響きではなく、余計な響きを制御することでテクスチュアの透明度を保ち、楽曲の構造が明快に示される。(ヒュッテンブレンナー変奏曲は)抑制が効いているからこそ、悲しみはいっそう聴き手の心に沁み込んできて、しみじみいい曲だなあと思えるのだ。」と評されました。

同アルバムは「優秀録音」コーナーでも取り上げられ、常盤清氏から「(本アルバムを含め)それら多くの商品が皆後世に残る優秀作品であると私は感じている(中略)どの商品も鑑賞音楽としての極めて高い音楽性を演奏者から見事に引き出し、そのままメディア上で表現していることが,優秀録音の背景になっているのは明白である。」と評されました。

また、同アルバムはWebマガジン「ONTOMO」「林田直樹のミニ音楽雑記帳」コーナーでも紹介されています。上記のリンク先をぜひご覧ください。

ヒンク、ヘーデンボルク・トリオ、ラックの最新盤がそれぞれ『レコード芸術』準特選盤に

2020 年 4 月 20 日 月曜日

CMCD-28370CMCD-28371『レコード芸術』誌の最新刊(2020年5月号)にて、『ブラームス:ピアノ三重奏曲 第2番&第3番/スタンチュール、ヒンク、ドレシャル/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-28371)と『エレメンタル──フルートで探る精霊たちの世界/ザビエル・ラック』(CMCD-28370)が【準特選盤】に選出されました。

スタンチュール、ヒンク、ドレシャル/ヘーデンボルク・トリオのアルバムは、「(ヒンクらのトリオは)音楽にいわゆるゲミュートリヒな感触がある。(ヘーデンボルク・トリオは)終曲の引き締まったアンサンブルを聴くにつけても、彼らの未来を期待せずにはいられない」(大木正純氏)、「(ヒンクらのトリオは)堂々とした佇まいを持ったなかなかの快演。(ヘーデンボルク・トリオは)豊かな歌心と兄弟ならではの緻密なアンサンブルに若々しい華やぎと厚みのある響きを加えた好演」(中村孝義氏)と評されました。

ザビエル・ラックの演奏は、「演奏者の顔が見える演奏、といえばよいだろうか。ドビュッシーや武満の作品がこれだけ濃密な表情で演奏されるのは珍しいことだ」(後藤洋氏)、「ラックとピアノの岡田には音楽的な一致点が多いようで、互いの演奏に対しての反応や寄り添いが見事である」(西村祐氏)と評されました。


CMCD-28372また、同誌の「先取り! 最新盤レヴュー」コーナーでは、『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』(CMCD-28372)も紹介され、「(D.576は)シューベルト特有の哀感もあれば、叙情的な歌が流れ出す瞬間もあるなど、音楽そのものは変化に富んでいるのが特徴だ」(満津岡信育氏)と評されました。

久田典子=吉村七重の新譜が『レコード芸術』特選盤に

2020 年 1 月 21 日 火曜日

CMCD-28367昨年11月に発売されたCD『神話の国の心象風景 邦楽展 plays 久田典子』(CMCD-28367)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2020年2月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「素直に言って久しぶりに新鮮な箏の作品を聴いた気がする。ふたつの楽器の音の交差というか、交錯が実に豊かに響いてくるのである。」と評され、白石美雪氏からは、「二十絃箏のもつダイナミズムがぞんぶんに味わえる小品集である。2019年で50周年を迎えた二十絃箏の第一人者・吉村七重が主軸となり、水準の高い演奏が展開されている。」と評されました。

西村祐氏が語るカール=ハインツ・シュッツの新譜

2019 年 12 月 20 日 金曜日

CMCD-28366『レコード芸術』誌最新刊(2020年1月号)の「旬の音盤ためつすがめつ」コーナーにて、フルーティストのカール=ハインツ・シュッツが取り上げられました。

誌面では、今年8月に発売されたシュッツの最新盤『マデルナ:甘い夢〜20世紀のフルート音楽』(CMCD-28366)をテーマ・ディスクとして、満津岡信育氏とフルーティストの西村祐氏が対談。現代音楽の名手として知られたフルーティスト、セヴェリーノ・ガッゼローニとの比較、シュッツならではの演奏スタイル、譜面の解釈、演奏における西洋的および日本的なタイミングの感覚など、フルート奏者ならではの視点で同アルバムに迫る、大変興味深い記事となっています。

ヘーデンボルク・トリオの最新盤が『レコード芸術』準特選盤に

2019 年 12 月 19 日 木曜日

CMCD-2836811月25日に発売されたCD『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 作品70-1「幽霊」&70-2/ヘーデンボルク・トリオ』(CMCD-28368)が『レコード芸術』誌の最新刊(2020年1月号)で【準特選盤】に選出されました。

誌面では中村孝義氏から、「3人は以前の作品1の時よりもさらにアンサンブルが凝縮され、実に見事な切れ味を持って開始し、その後もまったく弛緩することなく緊張感に富んだ演奏を展開している。(中略)今後必ずやウィーンを代表するピアノ・トリオと評価されるに違いない豊かな将来を十分に予想しうる好演である」と絶賛されました。

また、本アルバムは同誌の「優秀録音」のページでも取り上げられ、峰尾昌男氏から、「3人の演奏家がホールではなく大きめのサロンで自由に音楽を楽しんでいるといった感じが、音そのものだけでなく雰囲気として伝わってくる」と評価されました。

ヴァルガ、ヘルマンの最新盤がそれぞれ『レコード芸術』特選・準特選盤に

2019 年 9 月 20 日 金曜日

CMCD-15153〜4CMCD-15155〜6『レコード芸術』誌の最新刊(2019年8月号)にて、『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲/タマーシュ・ヴァルガ』(CMCD-15153〜4)が、【特選盤】に、『J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1集/コルネリア・ヘルマン』(CMCD-15155〜6)が【準特選盤】に選出されました。

ヴァルガの演奏は、「終始音楽的な心遣りに満たされ、なんとも快く全6曲を聞き通せる」(濱田滋郎氏)、「この上なく優美なバッハである」(那須田務氏)と評されました。

ヘルマンの演奏は、「いかにもピアノという楽器の普遍的な美観を伝える演奏である」(濱田滋郎氏)、「総じて響きの制御が巧みでテクスチュアはほどよい透明感を保つ」(那須田務氏)と評されました。

CMCD-25045また、同誌の「New Disc Collection」コーナーでは、遠山慶子の『ドビュッシー:ピアノと管弦楽のための幻想曲/遠山慶子、ドビュッシーを弾く』(CMCD-25045)も紹介され、フルニエと共演したチェロ・ソナタ「詩想に溢れた音楽と演奏に豊かな彩を添えた味わい深い演奏だ」(近藤憲一氏)と評されました。

松居直美の最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2019 年 7 月 22 日 月曜日

CMCD-15151〜26月15日に発売されたCD『ブクステフーデ:オルガン作品集/松居直美』(CMCD-15151〜2)が『レコード芸術』誌の最新刊(2019年8月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では美山良夫氏から、「探究と熱意と技とが結実したブクステフーデ演奏の金字塔」と評され、矢澤孝樹氏からは、「まずそのプログラミングの妙に唸らされる。(中略)表面的な興奮よりも楽曲の構造自体を冷静に把握、的確なストップ操作を駆使し丹念な造形を心がけてゆくこのアプローチもまた好ましい」と評されました。

また、『Stereo』誌(2019年8月号)の「今月の特選盤」、「今月の優秀録音」のコーナーでも、音域の広いオルガンの音、収録場所の残響も的確に捉えたレコーディングに対し、オーディオソースとしても高く評価されました。

高橋アキの最新盤が『レコード芸術』特選盤に

2019 年 7 月 22 日 月曜日

CMCD-990865月31日に発売されたCD『モートン・フェルドマン:バニータ・マーカスのために/高橋アキ』(CMCD-99086)が、『レコード芸術』誌の最新刊(2019年8月号)で【特選盤】に選出されました。

誌面では長木誠司氏から、「こことあそこに関連があるから、といった聴き方を常に白紙に近く無効化し、どうやって聴けばよいのかという不断の問いを差し出しながら、宙吊りにされた回答のなかで、音楽は引きずるものなどないままにきらりとしたタッチでただただ進んで行く。美しい演奏だ」と評され、白石美雪氏からは、「作曲家の意識と聴き手の意識が音を介して溶け合う感覚を覚えるのは、高橋アキのレアリゼーションがあってのことだ。どうしてこれほど絶妙なタッチと強弱法で、1時間を超える演奏を律することができるのか。その技術と精神力には脱帽だ」と評されました。