‘シュトイデ弦楽四重奏団’ タグのついている投稿

【出演者変更のお知らせ】シュトイデ弦楽四重奏団

2018 年 10 月 15 日 月曜日

10月17日(水)に浜離宮朝日ホールにて開催されるシュトイデ弦楽四重奏団の演奏会に出演する予定でした第2ヴァイオリンのホルガー・グローが、やむを得ない健康上の理由により来日できなくなりました。代わりにウィーン・フィル・メンバーのアデラ・フラジネアヌが第2ヴァイオリンをつとめます。
なにとぞご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

アデラ・フラジネアヌ●アデラ・フラジネアヌ(第2ヴァイオリン)
Adela Frasineanu, 2nd Violin

7歳でヴァイオリンを始め、これまでにヴァイオリンをベンジャミン・シュミット、ヴォルフガング・マルシュナー、ザハール・ブロン、ライナー・クスマウル、アナ・チュマチェンコの各氏に、室内楽をアルテミス・カルテットに師事。ブラームス国際コンクールで優勝するなど、数々の国際コンクールにて受賞歴があり、マーラー・ユーゲント・オーケストラ、ザルツブルク室内管弦楽団、マーラー室内オーケストラ、ザルツブルク・モーツァルテウム・オーケストラなどの多くのアンサンブルとも共演。ウィーン交響楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団を経て、2014年9月にウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団。2017年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の正団員となる。
ウィーン国立歌劇場の室内楽シリーズへの出演や、ウィーン・フィルの同僚たちとカルテットを組むなど、室内楽の分野でも活発な活動を行なっている。

■アデラ・フラジネアヌ 公式プロフィール(ドイツ語)
※ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の公式プロフィールへ移動します

シュトイデ弦楽四重奏団、まもなく来日!

2018 年 10 月 12 日 金曜日

シュトイデ弦楽四重奏団 「ウィーン・フィルのコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデ率いる“シュトイデ弦楽四重奏団”。待望の来日公演が来週水曜日、浜離宮朝日ホールにて開催されます。
 バリリ四重奏団、ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団からヒンク、キュッヒル弦楽四重奏団に引き継がれた、ウィーン・フィル室内楽の伝統に、いま新しいページを開きます。
 チケットは好評発売中です。ウィーン弦楽四重奏団の十八番とも言うべきシューベルトの「死と乙女」への新たな取り組み、新しい切り口での演奏にどうぞご期待ください!!」

【シュトイデ弦楽四重奏団 〜死と乙女〜】

■公演日:2018年10月17日(水) 19:00開演(18:30開場)
■会場:浜離宮朝日ホール
■全席指定:S席¥6,000/A席¥5,000/学生¥3,000(学生券はカメラータのみ取扱い)

■プログラム
ハイドン:弦楽四重奏曲 第17番 ヘ長調 Op.3-5 Hob.III:17 「セレナーデ」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 変ロ長調 Op.133 「大フーガ」
シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D.810 「死と乙女」

●チケット取扱い:
カメラータ・トウキョウ 03-5790-5560
朝日ホールチケットセンター 03-3269-9990(日・祝除く10:00〜18:00)
イープラス(パソコン&ケータイ) http://eee.eplus.co.jp/

●主催:朝日新聞社/カメラータ・トウキョウ ●協賛:株式会社クリプトン

シュトイデ弦楽四重奏団のCDが『レコード芸術』特選盤に

2016 年 4 月 20 日 水曜日

 3月25日に発売されたCDCMCD-28335『ベートーヴェン「セリオーソ」&シューベルト「死と乙女」/シュトイデ弦楽四重奏団』(CMCD-28335)が『レコード芸術』誌の最新刊(2016年5月号)で【特選盤】に選出されました。
 誌面では濱田滋郎氏から、「このクヮルテットの手にかかると、重苦しい沈黙の世界を抜け出て、眼前に音楽の花園が広がる趣である」と評され、中村孝義氏からは「たっぷりとした豊かな響きや美しいカンタービレという伝統をしっかりと身にまといながら、それに安住することなく、核心に踏み込んでいく潔さが随所に感じられ、両局の質を的確に捉えているのだ。」と高く評価されました。

2016年3月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2016 年 3 月 25 日 金曜日

 カメラータの4月新譜は2タイトルです。

 1タイトル目はCMCD-28335『ベートーヴェン「セリオーソ」&シューベルト「死と乙女」/シュトイデ弦楽四重奏団』(CMCD-28335)です。
 2002年にウィーン・フィルのコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデを中心に同団メンバーで結成されたシュトイデ弦楽四重奏団。2010年録音のチャイコフスキー&ボロディンに続く本作では、2014年11月の来日時の演奏会からウィーン古典派のベートーヴェンとシューベルトを収録しました。
 その演奏にはウィーンの伝統が色褪せることなく脈々と息づき、伝統の力を現代に生き生きとした形で示しています。近年の演奏の潮流とは一線を画す、色褪せることのないウィーンの伝統を現代に息づかせた王道を行く名演をお聴きください。

 2タイトル目はCMCD-28333『日本の響─Vol.4 お百度詣〜日本人女性作曲家の系譜/ファイン・デュオ 沼田園子 蓼沼明美』(CMCD-28333)です。
 沼田園子(ヴァイオリン)と蓼沼明美(ピアノ)の二人により結成され、今年(2016年)に結成30周年を迎えたファイン・デュオ。ファイン・デュオは日本人作曲家作品の演奏をライフワークのひとつとして充実した活動を続け、レコーディングでも「日本の響」と題したシリーズで、これまでに3枚のCDをリリースし、高い評価を得てきました。第4弾となる本作では、日本人女性作曲家に焦点を当て、彼女たちが日本のクラシック音楽界に遺した足跡をたどりながら、顧みられることの少なかった数々の鮮やかな作品の真価を、余すところなく聴き手に伝えます。
 なお、ファイン・デュオは来たる5月28日、横浜みなとみらいホールにて結成30周年記念演奏会(全2回のうち第1回)を行います。当日は本CDの収録作品を含むプログラムが予定されています。演奏会の詳細およびチケット等の情報は弊社のコンサートのページをご覧ください。