‘植村理葉’ タグのついている投稿

植村理葉 インストア・イベントのお知らせ

2017 年 4 月 5 日 水曜日

 大好評をいただいている植村理葉(ヴァイオリン)の最新盤『フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集/植村理葉、岡田博美』(CMCD-28331)の発売を記念し、4月22日(土)14:00および16:00より、山野楽器 成城コルティ店にてミニライヴ&サイン会を開催いたします。

●日時:2017年4月22日(土)14:00〜/16:00〜
●会場:山野楽器 成城コルティ店(成城コルティ 2Fプラザ)
●観覧自由(無料)
★お問い合わせ:山野楽器 成城コルティ店 03-5429-7311
イベント・フライヤー配布中!(※PDFファイル)

ミニライヴは観覧自由・無料です。また、イベント当日に会場で植村理葉の以下のCDをご購入の方は、ミニライブ終了後のサイン会にご参加いただけます。

フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集(CMCD-28331)
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ─フランス・ヴァイオリン作品集(CMCD-28183)

イベントの詳細は上記PDFフライヤー、および山野楽器 成城コルティ店のホームページをご覧ください。皆様のご来店をお待ちしています。

2016年12月25日新譜のご案内[クラシック/CD]

2016 年 12 月 25 日 日曜日

 カメラータの1月新譜(12月25日発売)は3タイトルです。

CMCD-28343 1タイトル目は『シュッツ&カニーノ play シューベルト』(CMCD-28343)です。
 ウィーン・フィル首席としてはもちろん、ソロや室内楽でも世界のトップ・フルーティストとして目覚ましい活躍を続けるカール=ハインツ・シュッツ。カメラータから5枚目となる待望の最新アルバムは、ピアニストに巨匠ブルーノ・カニーノを迎えたオール・シューベルト・プログラムとなりました。
 歌にあふれ、暖かく魅惑的で趣味のよいシュッツ&カニーノのシューベルトは、フルート・ファンのみならず、声楽ファンにもお聴きいただきたい、必聴のアルバムです。

CMCD-25043 2タイトル目は『J.S.バッハ:パルティータ 第1集/コルネリア・ヘルマン』(CMCD-25043)です。
 若きバッハ弾き、コルネリア・ヘルマンが、2012年よりカメラータでスタートさせたピアノによるバッハ録音プロジェクトの第4弾。パルティータ全6曲のうち、今回は第2番から第4番までの3曲を収録しました。
 バッハの豊かな音楽、偉大な芸術に喜びをもって挑むヘルマンの清新で知的な情熱に満ちた演奏は、現代のバッハ録音史に確かな足跡を残しています。

CMCD-28331 3タイトル目は『フォーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集/植村理葉、岡田博美』(CMCD-28331)です。
 2008年のドビュッシー、ラヴェル、ミヨーらの作品によるフランス・ヴァイオリン作品集から8年、海外に拠点を置く実力派の二人、植村理葉岡田博美による最新録音は、フォーレの2つのソナタを中心としたヴァイオリンとピアノのための作品集となりました。外面効果を廃し、ひたすら作品の真髄に迫る演奏は、フォーレの音楽に内在する高貴な精神を浮かび上がらせます。2人の奏でる高潔な演奏、底光りのする「大人の音楽」をお聴きください。