カメラータ・シュルツよりヴォルフガング・シュルツ追悼盤に寄せてメッセージが届きました

 ヴォルフガング・シュルツの追悼盤『ライネッケ、ドップラー、ニールセン:フルート協奏曲集/ヴォルフガング・シュルツ、マティアス・シュルツ、キンボー・イシイ=エトウ、カメラータ・シュルツ』(CMCD-28268)によせて、この録音に参加した、シュルツ氏創設のオーケストラ“カメラータ・シュルツ”より、メッセージが届きました。

 親愛なる聴衆のみなさま

 2013年3月28日、ヴォルフガング・シュルツは67歳で逝去しました。その翌日から私たちに届くメッセージに目をとおすと、彼には二人の子どものほかにも、多くの子どもたちがいたことを認識させてくれます。世界中の数多くの音楽家が、自分にとって、ヴォルフガング・シュルツは芸術家、音楽家、教育者としてだけでなく、よき助言者であり、まるで父親のような存在であったということを伝えてくれました。彼のもたらした影響は多大であり、そして私たちはその支えを失ったことになります。聴衆のみなさまは唯一無二の音楽家を、学生たちは根気よく指導してくれる教師を、家族は大切な息子、夫、兄弟、父親を亡くしました。
 この最新盤は、2012年初旬に録音されました。ヴォルフガング・シュルツは、そのときにはすでに体を病んでいたと察せられます。しかし、彼の演奏はそのようなことをまったく感じさせず、その音楽からは愛と音楽への専心が伝わってきます。「愛」と「音楽」、それは彼が生涯を捧げたものです。
 私たちの心に大きな温もりをもたらし、音楽に対する向き合い方を示してくれたヴォルフガングに感謝をこめて。                     

                                                                 シュルツ・ファミリー

タグ: , , ,