‘サントリー音楽賞’ タグのついている投稿

藤村実穂子、サントリー音楽賞を受賞

2013 年 3 月 21 日 木曜日

 世界の主要なオペラ、コンサートの舞台で活躍し、現在最高のメゾソプラノの一人と称される藤村美穂子がこの度、「第44回(2012年度)サントリー音楽賞」を受賞いたしました。 

 この賞は、わが国における洋楽の振興を目的として、毎年、その前年度においてわが国の洋楽文化の発展にもっとも顕著な功績のあった個人又は団体に対して、公益財団法人サントリー芸術財団より贈られるものです。

 2012年度贈賞の理由として下記のように述べられています。

 「2002年のドイツ・バイロイト音楽祭デビューこのかた、メゾソプラノ藤村実穂子氏の演奏活動は欧米のクラシック音楽界において欠かせない存在となった。そのつねに安定した歌唱、とりわけドイツ語の的確なディクションは、ヨーロッパの批評家も脱帽する域に達している。
 藤村氏の演奏活動は当該年度(2012年)においても、パリ・シャンゼリゼ劇場におけるワーグナー《パルジファル》のクンドリ役(3月)、ロンドン・コヴェントガーデン歌劇場における同《神々の黄昏》のヴァルトラウテ役(10月)など、その活躍はとどまるところを知らない。
 それに加えて、当該年度の日本における演奏活動では、とりわけドイツリートにおける成果が目覚ましい。シューベルト、マーラー、ヴォルフ、R・シュトラウスの歌曲を取り上げたリサイタル(11月、フィリアホール、紀尾井ホール)もさることながら、マーラー《大地の歌》(11月、いずみホール、室内合奏版)が、その白眉と言ってよいだろう。〈告別〉の長く尾を引く惜別の念ばかりでなく、〈美について〉におけるヨーロッパ19世紀末特有の、過去に向けた(そして同時に未来へと回路が通じる)長いまなざしの表現は、けだし秀逸であった。またマリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団来日公演のベートーヴェン《交響曲第9番》では、高度なアンサンブル能力をも示している。
 上記の理由により、藤村実穂子の演奏活動を讃えて「第44回(2012年度)サントリー音楽賞」を贈賞する。」