田崎悦子のインタヴュー記事が読売新聞に掲載されました

田崎悦子ピアニストの田崎悦子が本日(4月1日付)の読売新聞夕刊のインタヴュー記事に登場、今年から始まる全3回シリーズのリサイタル、「Joy of Music」への思いを語りました。

過去に大病を克服、復帰リサイタルを終え「これで終わりでいい」と思ったこともあったという田崎ですが、その後も演奏会を終えるたびに「また新しいテーマがわいてくる」と語ります。その田崎が今回挑むのは、バッハ(第1回:6月6日)、ブラームス(第2回:11月14日)、シューベルト(第3回:2022年6月)の三人の作曲家。

「バッハの音楽はダイヤモンドのようにどこから見てもたくさんの面がある。あまりにも作品が完璧で、いくら練習しても果てがない。だからこそ、その先にある“ジョイ(喜び)”を届けたい」と語る田崎。シリーズ第1回目「Joy of Bach」のチケットは好評発売中です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

田崎悦子 ピアノリサイタル – Joy of Music [第1回]Joy of Bach
■公演日:6月6日(日) 14:00開演(13:15開場)
■会場:東京文化会館 小ホール
■全席自由:一般¥5,000/学生¥3,000(税込)
■チケット取り扱い:
カメラータ・トウキョウ 03-5790-5560
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
イープラス eplus.jp

タグ: , ,