facebook
             
             
新譜情報
近日発売予定 
商品一覧 
購入方法 
ダウンロードショッピング 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


リヒャルト・レスラー&パウル・ユオン:フルート作品集/ヴォルフガング・ブラインシュミット、アレクサンダー・レスラー
Master Works of Richard Rössler—Flute Sonata & Flute Suite, Paul Juon: Flute Sonata / Wolfgang Breinschmid, Alexander Rössler
 

音源の形式
CD CD

ジャンル: 器楽曲
品番: CMCD-28264
ディスク枚数: 1枚
税抜価格: 2,800円
税込価格: 3,024円
発売日: 2012年10月25日
JAN: 4990355006146

アレクサンダー・レスラー
ヴォルフガング・ブラインシュミット

 
内容解説
■曲目

リヒャルト・レスラー:
[1]-[4] フルート・ソナタ ホ長調 作品15
[5]-[7] フルートとピアノのための組曲 ニ短調 作品16

パウル・ユオン:
[8]-[10] フルート・ソナタ ヘ長調 作品78


■演奏者
ヴォルフガング・ブラインシュミット(フルート)
アレクサンダー・レスラー(ピアノ)


■録音
2011年2月 ほか/ウィーン


レスラーの知られざる名曲第2弾。フルートの名作が蘇る

★最深!! だれも知らない? クラシック[作曲家編]
 カメラータが積極的に録音している、歴史に埋もれた知られざる作品の数々。これらをより多くの方々に聴いていただくべくシリーズ化しました。歴史に埋もれた名作を掘り起こし、皆様をクラシックの“深み”へとお誘いします!

【推薦】音楽の広がりを理解するのは非常に難しい作業である。このシリーズが、聴き手の皆さんにとってそうした理解の助けとなり、お宝発見の興奮と喜びを分かち合うものとなりますように。
●オットー・ビーバ氏(ウィーン楽友協会アーカイヴ・ディレクター)

 作曲家であり、ピアニスト、オルガニストそして音楽教育者でもあったリヒャルト・レスラー。彼の孫でありピアニストとしてヨーロッパを中心に活躍するアレクサンダー・レスラーの手により、祖父リヒャルトの名曲が蘇りました。2012年2月に、ピアノ三重奏曲とヴァイオリン・ソナタを収めたアルバムを発売し、注目を浴びましたが、今回はレスラーのフルート作品を収録。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団フルート奏者、ヴォルフガング・ブラインシュミットの技が光ります。さまざまな事情から人々から忘れ去られてしまった作品が、再び息を吹き返します。ウィーン楽友協会アーカイヴ・ディレクターも推奨する「だれも知らないクラシック」の作曲家編第2弾の完成です。


●JVC K2レーザー・カッティングによる高音質


プロデューサー・ノート
井阪 紘

 リヒャルト・レスラーは、1880年バルト三国のひとつ、ラトヴィアのリガに生れてベルリン王立音楽院で作曲をマックス・ブルッフに学び、院長だったヨゼフ・ヨアヒムの薫陶を受けて卒業前からピアノ教師として音楽院で働き始め、1962年ベルリンの壁が築かれた1年後、そのベルリンで亡くなった。
 ピアニストとしてはバッハの演奏が有名で、その影響からか作曲上では対位法を好んで用い、ロマン派の伝統と彼自身の独自の感性で寡作ながら優れた作品を残した。
 私がこの作曲家に興味を持った最初の作品は、このアルバムに収録したフルート・ソナタ ホ長調である。彼の作品で今日でも楽譜が買える数少ない曲で、フルート奏者では知る人ぞ知るといったピースらしい。
 この曲を私に聴いてほしいと、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーで、ヴォルフガング・シュルツの弟子の一人でもあるヴォルフガング・ブラインシュミットが連絡をしてきて、作曲家の孫に当たるアレクサンダー・レスラーを伴って会いにきたのが、このプロジェクトの発端である。
 ブラインシュミットとは、彼がウィーン・フィルに入る前、フォルクスオーパーで吹いている頃からランナーの編曲したヴィヴァルディの「四季」の世界初録音などでレコーディングをしていたので、彼の実力を私は熟知していた。だから、企画次第で意味があるプログラムなら録音するつもりで話し合いに臨んだ。
 それが出会いというものなのだろう。私はアレクサンダーが持参した、彼の祖父のリヒャルト・レスラーの、フルート以外の作品にも大いに惹かれるものを感じ、勉強を始めた。
 本来、レスラーの作品集を出すのなら、このプロジェクトの発端となったフルート作品が第1弾となるべきところなのだが、レコーディングの寸前にブラインシュミットがかなりひどい風邪を引いてしまって、録音をほぼ1年先に延ばした。したがって、その後に計画していたレコーディングのピアノ三重奏曲等のヴァイオリンを中心とした室内楽集を、「最深!!だれも知らない?クラシック」と我がスタッフが名づけたシリーズの中のリヒャルト・レスラーの第1弾として発売した。
 幸い、このフルート・ソナタの出版元が、我々が録音してCDを発売するのを聞き及んで、楽譜も再出版されることになった。
 フルーティストだけでなく、多くの音楽ファンに聴いてもらえれば幸いである。


Richard Rössler (1880–1962):
[1]-[4] Sonata in E Major Op.15
[5]-[7] Suite for Flute and Piano in D Minor Op.16
Paul Juon (1872–1940):
[8]-[10] Flute Sonata in F Major Op.78

Wolfgang Breinschmid, flute
Alexander Rössler, piano (Bösendorfer: Model 220

Recorded: February 2011 /
University for Music and Performing Arts, Palais Bourgoing, Wintergarten, Vienna

■ アーティスト関連商品

◎CD

●CMCD-28251 リヒャルト・レスラー:ピアノ三重奏曲&ヴァイオリン・ソナタ 他/アレクサンダー・レスラー、カリーン・アダム
Master Works of Richard Rössler—Piano Chambermusic / Alexander Rössler, Karin Adam, Othmar Müller

●CMCD-28300 リヒャルト・レスラー:チェロ・ソナタ 他/アレクサンダー・レスラー、カリーン・アダム、オトマール・ミュラー
Master Works of Richard Rössler—Piano Chambermusic II / Alexander Rössler, Karin Adam & Othmar Müller

◎DVD/BD