facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 アルベナ・ダナイローヴァ Albena Danailova (vn)
 
アルベナ・ダナイローヴァ
Albena Danailova (vn)
弦楽器
Strings
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
ヴァイオリン
 
■ プロフィール
 ブルガリアの音楽一家に生まれる。ソフィアで育ち、ネリー・ジェレヴァ、ドラ・イワノワ両教授の下で演奏家としての研鑽を積む。1995年にドイツへ移り、ロストック音楽大学とハンブルク音楽大学でペトル・ムンテアヌ教授に師事。イダ・ヘンデル、ヘルマン・クレッバース、ルイス・カプラン、アンドレアス・ライナー、シュテファン・ゲオルギュのマスタークラスを受講して音楽教育を修了する。
 2001年、バイエルン州立歌劇場管弦楽団の第2ヴァイオリン奏者として活動中にディプロマを取得。2003年には第1ヴァイオリン奏者となり、その後第1コンサートマスターとなる。また、2003年から2004年にかけてロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務める。2008年9月からウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに、2011年からウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。
 ソリスト、室内楽奏者としてはブルガリア、ドイツ、アイルランド、アメリカの音楽祭で活躍し、ハンブルク・モーツァルト・オーケストラ、北ドイツ放送交響楽団、ソフィア・ソロイスツ、ソフィア・フィルハーモニーなどのオーケストラと共演。また、ドイツ・ラジオ、北ドイツ放送、祖国ブルガリアのテレビ放送向けの録音も行なう。
 ドイツで奨学金を受賞している他、数多くのコンクールで受賞歴を持つ(シェーンタール修道院国際ヴァイオリンコンクール第2位、ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール特別賞、チャイコフスキー国際コンクール・セミファイナリスト、ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール第1位、同コンクールピアノとのデュオ部門第1位)。
 2011年12月、カメラータ・トウキョウからリリースされたフィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン“モーツァルティステン”のアルバム『ライヴ・イン・ジャパン 2010』でCDデビューを果たした。

■ リンク

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会
2010年6月9日(水) 「フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン”モーツァルティステン”」
2015年12月5日(土) 「アンサンブル・ウィーン名古屋公演」

■ アルベナ・ダナイローヴァの商品

◎CD

CMCD-28255 ライヴ・イン・ジャパン 2010 /ダナイローヴァ、フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン“モーツァルティステン”
Wiener Mozartisten Live in Tokyo 2010

CMCD-28262 ドゥセク:グランド・ソナタ(フルート、チェロ、ピアノのための三重奏曲)他/フォゥグ・浦田陽子、ダナイローヴァ 他
Dussek: Grand Sonata for Flute, Violoncello and Piano / Walter Auer, Albena Danailova, Yoko Fog-Urata

CMCD-28313 モーツァルト:フルート四重奏曲集/シュッツ、ダナイローヴァ、リー、ヴァルガ
Mozart: Flute Quartets / Karl-Heinz Schütz, Albena Danailova, Tobias Lea & Tamás Varga

◎DVD/BD

CMBD-80008 モーツァルト:フルート四重奏曲集/シュッツ、ダナイローヴァ、リー、ヴァルガ
Mozart: Flute Quartets / Karl-Heinz Schütz, Albena Danailova, Tobias Lea & Tamás Varga