facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 田崎悦子 Etsko Tazaki (p)
 
田崎悦子
Etsko Tazaki (p)
ピアノ
Piano
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
ピアノ
 
■ プロフィール
 1979年、シカゴ交響楽団常任指揮者のゲオルグ・ショルティに発掘され、同オーケストラとバルトーク・ピアノコンチェルト第2番で衝撃的なデビューを飾った田崎悦子は、一躍国際的檜舞台に上がった。
 その他、これまでに協演した指揮者はサヴァリッシュ、スラットキン、ブロムシュテット、小澤征爾など世界一線の指揮者達である。井口秋子氏に師事し、全日本学生音楽コンクールピアノ部門優勝後、桐朋学園音楽部高校を卒業、フルブライト奨学金を得て、ジュリアード音楽院に留学。以後30年間ニューヨークに在住。
 1970年ブソーニ国際コンクール他で上位入賞し、ヨーロッパ楽壇にデビュー。
 1972年カーネギーホールにてニューヨークデビュー。これまでに、シカゴ、セントルイス、ブダペスト、ロッテルダム、スイスロマンド他、世界のオーケストラとの協演。
 アメリカ建国200年記念音楽祭においては、若きアメリカのホープとして、ケネディセンターでのリサイタルに選ばれた。又、ルツェルン、マールボロ、アスペン、サイトウ・キネン、草津音楽祭などの国際フェスティバルに出演。
 日本ではN響をはじめ多くのオーケストラと協演。
 ソロでは“ドイツロマンをもとめて”(1987〜1997)“三大作曲家の遺言”(1997文化庁芸術祭参加作品)“ピアノ・マラソン”(2001)“NACH BACH”(2004)と、2006年~2009年まで東京文化会館において続行された6回シリーズ「田崎悦子ピアノ大全集」では、バッハより21世紀までの全ピアノ史を縦断するという前代未聞の企画を完奏、その魂をゆるがす表現力は「一音一音に自身の人生そのものを投影させるかのような演奏は、聴き手の心の奥底まで鋭くえぐり出す」(日本経済新聞)と絶賛され、「日本ピアノ界の金字塔」といわれるイベントとなった。
 八ヶ岳ピアノマスタークラス“Joy of Music”総合音楽監督。
 桐朋学園大学音楽部、及び同大学院特任教授。現在、八ヶ岳山麓に居住。

■ Profile
Etsko Tazaki, An artist with great depth, vulnerability and passion
One of the few truly international pianists to emerge out of Japan, Etsko Tazaki made the legendary orchestral debut with the Chicago Symphony under the baton of Sir Georg Solti in 1979, playing Bela Bartok's monumental second piano concerto. Her virtuosity and artistry were wildly lauded by the public and press alike. (“Etsko Tazaki— We will certainly be hearing from her again!” Chicago Tribune) . Indeed, she was back again to play Prokofiev’s 3rd piano concerto with Maestro Solti, and the CSO 3 years later.
She was selected by the Edyth Bush foundation to commemorate America’s bicentennial piano series at Washington’s Kennedy Center. Her numerous collaborations include Sawallisch, Slatkin, Ozawa and Blomstedt, with orchestras such as Swiss Romande, St.Louis, NHK of Japan, Detroit, Rotterdam and Budapest among others. Her recitals and chamber music performances have been heard at Marlboro, Luzern, Saitokinen festivals, and New York, London, Washington and Tokyo.
She has made CD albums under the Label of Camerata Tokyo, and more recently, an album titled “The Last Will and Testament of Beethoven, Schubert and Brahms” glorifying the last 3 piano sonatas of Beethoven and Schubert, and the last piano pieces of Brahms.
Many critics have described her playing as “having virtuosity of the highest order, but using it only to serve composer’s intentions. Her deep artistry is felt in every note she plays”.(Vaterland, Luzern).
“ She has an instinctive ability to go for an audience’s jugular” (Musical America).
She prefers to work quietly in her countryside home, along with walking her dog and cooking. Her means of expression expands into interior and fashion designing, writing essays and novels, and also staging and producing concerts. It’s from this belief of nature’s environment and surroundings that has given her such a well-rounded aspect on life, and music.

■ リンク
公式ホームページ:www.etsko.jp

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会
2018年5月26日(土) 「田崎悦子|Chopin Schumann Liszt 三大作曲家の愛と葛藤【2018 2回シリーズ:前編】」
2018年10月13日(土) 「田崎悦子|Chopin Schumann Liszt 三大作曲家の愛と葛藤【2018 2回シリーズ:後編】」

■ 田崎悦子の商品

◎CD

CMCD-28113 J.S.バッハ:パルティータ 第4番&第6番,W.A.モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475/田崎悦子
J.S.Bach: Partita No.4 & No.6, W.A.Mozart: Fantasy in C Minor K.475 / Etsko Tazaki

25CM-114 シューベルト:ピアノ:ソナタ 第20番 イ長調 D.959(遺作)/田崎悦子
SCHUBERT: Piano Sonata NO.20 & 4 IMPROMPTUS/E.TAZAKI

25CM-139 シューベルト:ピアノ・ソナタ 第21番&4つの即興曲/田崎悦子
Schubert: Piano Sonata No.21 & 4 Impromptus / Etsko Tazaki

30CM-418 田崎悦子コンサート・ライヴ/バッハ&シューベルト
ETSUKO TAZAKI Concert Live / Bach: Partita No.6 & Schubert: Piano Sonata No.17

25CM-264 リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調/田崎悦子
LISZT: PIANO SONATA In B Minor / Etsuko Tazaki

25CM-149 シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集・子供の情景/田崎悦子
SCHUMANN: DAVIDSBÜNDLERTÄNZE / ETSKO TAZAKI

25CM-198 シューベルト:ピアノ・ソナタ 第19番&楽興の時/田崎悦子
SCHUBERT: PIANO SONATA No.19 & MOMENTS MUSICAUX / E.TAZAKI

◎DVD/BD