facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 上海クァルテット Shanghai Quartet
 
上海クァルテット
Shanghai Quartet
室内楽
Chamber music group
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
 
■ プロフィール
 上海クァルテットは、情熱的な音楽作り、卓越したテクニック、そして様々な文化を併せ持つことで高い評価を得ている。エレガントな音楽のスタイルは、上海クァルテットの持つ東洋の繊細さと西洋音楽の感情表現の幅広さを融合させている。
 1983年に上海音楽院で結成され、これまでに世界的に著名な音楽家と数々の共演を果たし、欧米、アジアの主要音楽都市で演奏会を行ってきた。近年では、ヨーロッパ、日本、中国、オーストラリア、ニュージーランドへの演奏旅行を行っている。
 ニューヨークのカーネギーホールをはじめ、世界の主要なコンサートホールや音楽祭に出演を重ねている。2008-09年の上海クァルテットの結成25周年を記念するシーズンにはラヴィニア、タングルウッド、オタワなどの国際音楽祭、メトロポリタン美術館、レジデンスとしてサンタフェ室内楽音楽祭、オレゴン・バッハ音楽祭などにも出演した。2008年5月には、チェン・イ作曲の「From the Path of Beauty」を男性コーラス・グループのシャンティクリアとサンフランシスコで初演、さらにアジア初演を中国で行った。同年11月、ペンデレツキの75歳を祝うポーランドでの特別演奏会では、ペンデレツキの弦楽四重奏曲 第3番「Leaves From an Unwritten Diary」を世界初演。この作品のアメリカ初演をモンクレア州立大学、リッチモンド大学などで行い、さらにリトアニア、フランス、アメリカ全土で引き続き演奏している。
 常に新しい音楽を追求、東洋と西洋のサウンドの融合に挑戦している。25周年にはペンデレツキ、チェン・イ、ディック・ハイマン、ヴィヴィアン・ファングという3つの異なる大陸の作曲家の作品の世界初演を行ったことになる。また他にも、ロウエル・リーバーマン、ブライト・シェン、ゾウ・ロンに新作を委嘱、初演。今後は、マーク・ナイクルグ、レイ・リャン、スチュワート・ワラスの新作を演奏する予定である。
 25枚以上のCDを様々なレーベルで録音している。最近では、シューマンとドヴォルザークのピアノ五重奏曲をルドルフ・ブッフビンダーと録音、その他、ゾウ・ロン作曲のクァルテットとオーケストラのための「Poems From Tang」をシンガポール交響楽団と録音(BIS)。2003年にリリースした『CHINASONG』(DELOS)には、第2ヴァイオリンのイーウェン・ジャンが文化革命時代の子供の頃の思い出の曲をアレンジした24曲が収録されており、大ヒットを記録している。2005年からは、カメラータ・トウキョウとベートーヴェン全曲録音プロジェクトをスタートさせている。
 様々なメディア・プロジェクトにも参加しており、ウッディ・アレンの映画「メリンダとメリンダ」では、バルトークの第4番を演奏、またPBSテレビのグレート・パフォーマンス・シリーズにも出演している。第1ヴァイオリンのウェイガン・リはドキュメンタリー「毛沢東からモーツァルトまで:中国のアイザック・スターン」に出演。チェロのニコラス・ツァバラスの家族を題材にした映画「ミュージック・オブ・ハート」(メリル・ストリープ主演)はクラシック・ファンのみならず多くの人の共感を得た。
 現在、ニュージャージー州モンクレア州立大学のクァルテット・イン・レジデンスとして、また上海音楽院と北京中央音楽院の客演教授として後進の指導にもあたっている。

[メンバー]

●ウェイガン・リ(ヴァイオリン)
 1964年、上海生まれ。5歳でヴァイオリンを始め14歳で上海音楽院に入学。1981年サンフランシスコ音楽院へ留学。上海交響楽団、BBC交響楽団等とソリストとして共演。アイザック・スターンが中国を訪れた時の模様を綴ったドキュメンタリー映画「毛からモーツァルトへ」にも出演している。ヴィオラのホンガンとは2歳違いの弟。

●イーウェン・ジャン(ヴァイオリン)
 1963年、北京生まれ。6歳でヴァイオリンを始める。1981年、中央音楽院に入学。1985年、セント・ルイス音楽院に留学。室内楽をジェイミー・ラレード、マイケル・トゥリーに学ぶ、1990年にはラトガー大学でアーノルド・スタインハートに師事する。アレクサンダー・シュナイダー、リン・ハレル等の優れた演奏家と共演し、その実力を高く評価されている。

●ホンガン・リ(ヴィオラ)
 1962年、上海生まれ。弟のウェイガンと共に両親のもとでヴァイオリンを学ぶ。1977年の文化大革命後、再開された北京音楽院に入学。その後、上海音楽院で学ぶ。上海音楽院オーケストラ、上海交響楽団とソリストとして共演。上海クァルテット結成当時はヴァイオリンを担当していたが、1994年のイーウェン・ジャンの加入とともにヴィオラへ転向。

●ニコラス・ツァヴァラス(チェロ)
 1975年、ハワイ生まれ。イーストハーレムにあるオーパス118ミュージック・センターの創立者である母ロベルタ・ガスパーリ(映画「ミュージック・オブ・ハート」の主人公)にチェロの手ほどきを受ける。ニューイングランド音楽院で音楽学士号、NY州立大学ストーニーブルック校で音楽修士号を習得。2000年秋より上海クァルテットのメンバーとなる。

■ リンク

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会

■ 上海クァルテットの商品

◎CD

CMCD-28111 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 作品18-1,18-2&18-3/上海クァルテット
Beethoven: String Quartets Op.18-1, 18-2 & 18-3 / Shanghai Quartet

CMCD-28138 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 作品18-4,18-5&18-6/上海クァルテット
Beethoven: String Quartets Op.18-4, 18-5 & 18-6 / Shanghai Quartet

CMCD-28139 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 作品127&131/上海クァルテット
Beethoven: String Quartets Op.127 & 131 / Shanghai Quartet

CMCD-28159 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第8番 「ラズモフスキー 第2番」,第10番 「ハープ」/上海クァルテット
Beethoven: String Quartets Op.59-2, 74 / Shanghai Quartet

CMCD-28169 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 「ラズモフスキー 第1番」・「ラズモフスキー 第3番」/上海クァルテット
Beethoven: String Quartets Op.59-1 & Op.59-3 / Shanghai Quartet

CMCD-28059 上海クァルテット with バルトーク弦楽四重奏団/ドヴォルジャーク:弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」、メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 作品20
Shanghai Quartet & Bartók String Quartet Dvořák: String Quartet No.12 “The American” & Mendelssohn: String Octet Op.20

CMCD-20105~6 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 作品95・130・133/132・135/上海クァルテット
Beethoven: String Quartets Op.95, 130, 133 / 132, 135 / Shanghai Quarte

◎DVD/BD