facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 クリストファー・ヒンターフーバー Christopher Hinterhuber
 
クリストファー・ヒンターフーバー
Christopher Hinterhuber
ピアノ
Piano
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
 
■ プロフィール
 オーストリアに生まれたクリストファー・ヒンターフーバーは、ウィーン国立音楽演劇大学にてアレックス・パペンベルグ、ルドルフ・ケーレル、ラザール・ベルマン、アヴォ・クユムジャン、ハインツ・メジモレックらに学び、その後イモラ国際ピアノ・アカデミーにて、オレグ・マイセンベルグとウラディーミル・アシュケナージの指導を受け、さらなる芸術性を身につけた。
 彼はライプツィヒで開催されたバッハ国際コンクール、ザールブリュッケン国際バッハ・ピアノ・コンクール、プレトリア国際コンクール、チューリッヒのゲザ・アンダ国際コンクール、ウィーンの国際ベートーヴェン・コンクールなどで最高位ならびに高い栄誉を得た。
 2002/3のシーズンには、ヴァイオリニストのパトリツィア・コパチンスカヤとともにカーネギーホールに出演し、その他ヨーロッパの主要なホールで演奏した。
 近年は、シュレスヴィヒ・ホルスタイン音楽祭、シュティリアルテ音楽祭、ケルンテンの夏、ザルツブルクのモーツァルト週間、シューベルティアーデ・ シュヴァルツェンベルク、ルール・ピアノ・フェスティヴァル、プラハの秋音楽祭など数多くの音楽祭に出演し、クリスティアン・アルミンク、ウラディーミル・アシュケナージ、ベルトラン・ド・ビリー、シルヴァン・カンブルラン、ベアート・フラー、ハワード・グリフィス、ヤコフ・クライツベルク、エイドリアン・リーパー、アンドレス・オロスコ=エストラーダ、デニス・ラッセル・デイヴィス、アリ・ラシライネン、ユベール・スダーン、アルフレッド・エシェヴェ、ブルーノ・ヴァイルらの指揮のもと、各地の主要オーケストラと共演した。
 「C.P.Eバッハ:ソナタとロンド集」がドイツの『フォノ・フォルム』誌において“その年のピアノ録音の中で最も魅力的なディスク”に選出され、また、「フンメル:ピアノとオーケストラのための作品集」が『グラモフォン』誌のエディターズ・チョイスに選出されるなど高評を得る。
 最近では、ニュージーランド交響楽団や、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団などと「リース:ピアノ協奏曲」全曲録音を行い、2012年に完結盤となる第5巻をリリースし、国際的な名声を博した。
 また、2001年に製作された映画『ピアニスト』(原作:エルフリード・イェリネク、監督:ミヒャエル・ハネケ)において劇中で使用された音楽の演奏を担当し、シューベルト、ラフマニノフ、シェーンベルクを録音、ピアノを演奏している手も劇中で使用され、この映画は2001年のカンヌ映画祭にて審査員特別グランプリに輝いた。
 彼はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとたびたび室内楽で共演し、その中にはコンサートマスターであるアルベナ・ダナイローヴァやライナー・ホーネックも含まれている。2012/13のシーズンにはアルテンベルク・トリオのメンバーとしてウィーン・ムジークフェラインにてコンサート・シリーズを行なっている。その他、同シーズンはヨーロッパをはじめニュージーランドや日本など多くの都市で演奏する予定である。教育活動にも力を注いでおり、日本、ヨーロッパ、南アフリカでマスタークラスを開催し、2010年からはウィーン国立音楽演劇大学にて教授として教鞭を取っている。

■ Profile
“One of the best and most fascinating piano recordings of the year” wrote the german magazine Fono Forum about his recording of Sonatas and Rondos by Carl Philipp Emanuel Bach, followed by an “Editor’s Choice” by the renowned english Gramophone Magazine for the recording of works for piano and orchestra by Hummel.
A recently finished project, the recording of all 8 Piano Concertos by Ferdinand Ries with the New Zealand Symphony Orchestra, Royal Liverpool Philharmonic and other orchestras (the last Vol.5 was released in 2012) has also brought him international notice.
Born in Austria, Christopher Hinterhuber studied with Alex Papenberg, Rudolf Kehrer, Lazar Berman, Avo Kouyoumdjian and Heinz Medjimorec at the University for Music and performing Arts in Vienna and the Accademia “Incontri col Maestro” in Imola, Italy acquiring additional artistic input from such artists as Oleg Maisenberg and Vladimir Ashkenazy.
He has won numerous top prizes and honors at the international piano competitions in Leipzig (Bach), Saarbrücken (Bach), Pretoria (Unisa), Zurich (Geza Anda) and Vienna (Beethoven) among others.
As “Rising Star” 2002/03, he performed with violinist Patricia Kopatchinskaja in the international series at the Carnegie Hall, New York and in all important musical centers in Europe.
The last few years have seen him play in major festivals such as the Schleswig-Holstein- Festival in Germany, Styriarte Graz, Carinthischer Sommer Ossiach, Mozartwoche in Salzburg, Schubertiade Schwarzenberg, the Ruhr Piano Festival and the Prague Autumn; under such conductors as Christian Arming, Vladimir Ashkenazy, Bertrand de Billy, Sylvain Cambreling, Beat Furrer, Howard Griffiths, Yakov Kreizberg, Adrian Leaper, Andrés Orozco Estrada, Dennis Russell Davies, Ari Rasilainen, Hubert Soudant, Alfred Eschwé and Bruno Weil; with the Radio Symphony Orchestra and the Klangforum in Vienna, the Vienna and Zurich Chamber Orchestra, the MDR Orchestra Leipzig, the Royal Liverpool Philharmonic, the Bournemouth Symphony Orchestra, the New Japan Philharmonic, the Orchestre Philharmonique de Luxembourg, the Mozarteum Orchestra Salzburg and the New Zealand Symphony Orchestra among others.
A special project was the sound recording (Schubert, Rachmaninov, Schönberg) and filming (his hands) for the french-austrian movie “La pianiste” based on a novel by Elfriede Jelinek and directed by Michael Haneke, which was awarded the Great Prize of the Jury in Cannes in 2001.
He plays frequently chamber music with many members of the Vienna Philharmonic includung concert masters Albena Danailova and Rainer Honeck and from the season 2012/13 he he will join the Altenberg Piano Trio, which has its own series in the Musikverein in Vienna.
Highlights of the 2012/13 season will be concerts in many cities in Europe, New Zealand and Japan. He gives often masterclasses in Japan, Europe and South America and is professor for piano at the University for Music and performing Arts in Vienna since 2010.

■ リンク
christopherhinterhuber.com

■ その他

■ 来日/演奏会
2019年11月12日(火) 19:00 浜離宮朝日ホール
「タマーシュ・ヴァルガ&クリストファー・ヒンターフーバーデュオ・リサイタル」


■ 過去の演奏会

■ クリストファー・ヒンターフーバーの商品

◎CD

CMCD-28286 ツェムリンスキー&モール:チェロ・ソナタ/タマーシュ・ヴァルガ、クリストファー・ヒンターフーバー
Zemlinsky & Moór: Cello Sonatas / Tamás Varga, Christopher Hinterhuber

CMCD-28325 アレス・ワルツァー!/ヒンターフーバー プレイズ ワルツ
ALLES WALZER! / Christopher Hinterhuber

◎DVD/BD