facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 平山美智子 Michiko Hirayama (S)
 
平山美智子
Michiko Hirayama (S)
歌手
Singer
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
ソプラノ
 
■ プロフィール
 1923年7月14日、東京に生まれる。1944年、東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)声楽科を卒業し、音楽家としてのキャリアを開始。1953年より、ローマの聖チェチーリア音楽院、シエナのキジアーナ音楽院で学び、ヨーロッパ各地の劇場へ出演。中でもプッチーニ『蝶々夫人』の演奏回数は百回を超える。1957年、ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院で、モーツァルトの研究を始め、その後フーゴ・ヴォルフ以後の後期ロマン派のリートから無調、12音音楽の探究へ進む。1960年以後、ローマに定住。作曲家ドメニコ・グアッチェロとの出会いを契機に、現代音楽演奏へと身を捧げる決意をする。以来、フランコ・エヴァンジェリスティ、ジャチント・シェルシといった前衛作曲家との協力関係の下、捧げられた作品は百を超え、それらは欧州の主要な音楽祭、コンサート、ラジオ、テレビ放送等で演奏されている。特にシェルシとの協力関係は緊密で、“Hô”(1960)、“Taiagarù”(1962)、“Khoom”(1962)、“Three Latin Prayers”(1970)、“Pranam I”(1972)、“Sauh I–IV”(1973)、そして“Canti del Capricorno(山羊座の歌)”(1962–72)といった作品が平山のために作曲された。

■ リンク

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会

■ 平山美智子の商品

◎CD

CMCD-28317 曼珠沙華〜平山美智子 山田耕筰を歌う
Michiko Hirayama sings Kosaku Yamada

◎DVD/BD